読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

最後はハグで・・

何事にも終りが突然の様に訪れるもので、それは人生の避けられない句読点の様なものかもしれない。ちょっと息継ぎでもして冷静に過ぎた日々を振り返る、懐かしい想い出を楽しむ、そんな静かなひと時を過ごせということなのかもしれない。彼女から思いがけな…

鮨、ご主人の夢を戴く

当ブログも1600記事に到達しようとしているが、【すし】の話題は一度も書いたことが無かった。今宵は何となく、【鮨】の話を書きたくなった。暖簾に【寿司】ではなく、【鮨】と書かれたお店に先日うかがった・・・ 正直に言うが、僕は寿司屋はほとんど行…

サンデーブランチの楽しみ

先の日曜日、僕らはワンコ達を家に残し昼食をいただくため出かけた。日曜日は僕が家族と過ごせる貴重な時間で、平日に一緒に過ごせるほどのヒマも余裕も残念なことに僕にはない。いつもなら 『何にする?』と聞くと、『うどん・ラーメン・カレー・パスタ・・…

白トリュフの季節

最近は家族も放り出してフラフラと山歩きばかりしている様だが、実はそうでもない。僕は凄く家族思いでもあるのであるだろうと信じているがどうだろうか・・・? で、昨日は壊れそうな足を引きずってイタリアン・リストランテに出かけた。秋の爽やかな夜、テ…

今が旬、岩牡蠣

「父の日」、ホッとかれて自由をプレゼントされた僕は、映画と映画の合間に・・・オイスターバーにて牡蠣をいただきました。牡蠣はもともと大好きですが、近ごろ専門店が入って、年中安心して?食べれるようになりました。心配なのは財布の中身だけです・・…

Souffle の想い出

女性という生き物は幾つになっても「クリスマス イブ」にはお洒落して素敵なレストランに行きたいようである。今夜は僕も仕事で無理なので、昨夜のイブイブに美しい妻と可愛い二人の娘を近所の馴染みのレストランに連れて行った。ほぼカップルで占領される聖…

我家の【とうきび】は美味い

僕は【トウモロコシ】が大好きなのだが、お店で良く売られている「甘くて軟らかいの」はアメリカ人の@@みたいで全然好きではない。スイートコーンとかいうのか?ハニーコーンとかいうのか?焼きトウモロコシとして出店などでも売られているやつは嫌いだ。 …

1300円のラーメン

昨日、「TVチャンピオン」で有名なラーメン王【Kさん】のお店に行ったら、【極:きわみ新味】という一杯1300円のラーメンが新しく出ていたのでさっそく食べた。その店の普通のラーメンの約2倍の値段。『一日限定50杯・・・』 これで即注文と相成っ…

カニ輸入停止を教訓に・・・

プーチンの野郎、ロシアの横暴が眼に余る。なんてことするんでい?タラバガニの禁輸ってか?ふざけんじゃねえ~ こちとら、蟹がないと生きちゃいけねえんだ・・・と江戸っ子でも無いのに江戸っ子の真似で怒りを少し表現してみました。しかし、こんなの急に決…

朱欒 zamboa ザボン

朱欒は、「しゅらん」と読むのだそうだ。酒乱ではないですよ。今日は、その『朱欒』というお店のご紹介をしたい。しかし、「ザボン」という店名なのでご注意下さい。調べてみたら、「ブンタン」というのが正式だそうだ。混乱ついでに、ポルトガル語ではZA…

グリーンピース

グリーンピースといっても、あの恐ろしげな武装集団のことではありません。初夏の味、お豆ちゃんです。いい響きですね、お豆ちゃん・・・ここ数日、我が家の食卓には『グリーンピース』が毎日登場いたします。主役、脇役なんでも来い・・です。我が家の素人…

美味い DiNardo's Famous Crabs

安倍首相のアメリカ訪問を歓迎する食卓にまず登場したのは、アメリカ牛肉ではなくて、「カニ料理」とのこと。折角なら、特定危険部位をふんだんに含んだ5歳以上の老牛の肉をご馳走してやれば、今後の「安全性のいい宣伝」になったものを、一体ブッシュ大統…

饂飩屋

開業医にも色々あって、世襲階級でもなく、借金を返し終わるのがやっとで投下自己資本の回収にすら失敗する人も少なくない。いずれ、僕もその一人になるやも知れぬ。そんな時に頼りになるのが、大きな声では言えないが饂飩屋さん。小さな声で言うが、僕は饂…

農業政策もなんだねぇ・・大変だねぇ~

今夜のNHKの19:30からの特集番組を驚きと怒りをもって見た。この4月にはじまる日本の農業政策の番組だった。魚沼出身の大桃さんとグッチさんがゲストで、NHK解説委員と熊本選出の松岡農水大臣が説明されたが、全編を通して「机上の空論、文化という概…

アラン デュカス in 醍醐寺

French料理とは永年縁が無くなった私。妻と結婚して2年位は世界各国のFrench料理レストランにも足を運んだが、子供が生まれてから以降、頭の中からはFrenchの言葉は完全に消え去っていた。少なくとも私の頭の中からは・・・ところが、である。件の上海リフ…