読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

世界の車窓から

ようやく完走です

ようやく完走しました・・・ といっても今日は自転車の話ではありません。ちょっとは関係ありますけどね。【世界の車窓から DVD】の話です。数年越しの全50巻を本日目出度く観終わりました。 全50巻・・・ 1巻平均72分 X 50巻 =3600分(60時間) 60時間…

【世界の車窓から】最終50号

しばらくブログ記事としては途絶えていましたが、【世界の車窓から】のDVDシリーズが、最終の「アメリカ東海岸編」にて全50巻を先月ついに刊 行完了しました。 今もなお続いて放送されていますが、DVD版も素晴らしい映像の価値ある番組でした。 最終号は、ア…

【世界の車窓から】 オーストリア編

ウイーンへは1990年8月27日にハンガリー国境を越えて国際列車で行くはずだった・・・ http://blog.m3.com/BackToTheStreet/20061221/4ハンガリー、スイス、イタリア、ドイツと東西南北の国々は巡ったが、いまだかつて人気の高いオーストリアへは行ったことが…

ジンバブエの車窓から・・・第25巻

アホウの統治するジパングから眼をそらして、もう少しだけ阿呆が統治する世界最悪の国「ジンバブエ」を眺めてみることにした。あ~、考えてみると 我が日本は天国じゃ・・・ それにしても、グレート・ジンバブエ・・・ 一体全体どうしちゃったんだろう? あ…

久し振りに 「世界の車窓から」 第26巻

なんとなく最近の僕は気持が落ち着かない。その一つの例が「世界の車窓から DVD編」の視聴ペースに如実に表れている。左のカテゴリーを見て驚いたが、9月26日を最後に、2週毎に書き綴った「世界の車窓から」シリーズの記事が滞ってしまっていた。その後も2週…

Gornergrat より眺める日本

日本の皆さん、お久しぶりです。随分と長くm3ブログを更新しませんでしたが、僕は今スイスに来て鉄道で旅をしています。『生きてますか?』と一部の方に心配をおかけしましたが、アラスカの大自然の中で流離ってはいません。一応、元気に生きて「いつ終わ…

ボリビアから来た小さな天使

尊敬する佐野元春さんの20年前のアルバム「カフェボヘミア」の中に、地味ですが【ボリビア 野生的で冴えてる・・】という曲があります。 その歌詞の中に、『ボリビアから来た小さな天使・・・ 黒いウールに抱かれて 誰よりも強く踊っている・・・ その静か…

北京五輪④【旗と民族と歴史と】

「北京五輪」特集といいつつ なかなかM先生ブログには オリンピック・スポーツ競技自体の話題が出てこない。いつになったら出てくるのか? とりあえず、オグシオの緒戦は順当に突破・・ 潮田~ カワイイ~ 今回は またしても予想を覆し、マイナーな旗に関す…

الجمهورية التونسية 便り

日本に帰国する途中で少しだけですが【チュニジア共和国】に立ち寄りました。先日のモロッコと同じく北アフリカの国ですが、首都チュニスから程近い海辺の街 「シティ・ブ・サイド」の風に吹かれていますと、『地中海沿岸の国』としての印象がはるかに大きく…

Morocco 便り

暑苦しい、息苦しい医療崩壊の日本でお暮らしの皆さん、お元気ですか? 僕は爽やかな「フランス・アルプス」から、レジスタンスの都、「カサブランカ」に今日は来ています。カサブランカといえばジュリー(沢田研二)・・、ジュリーといえばザ・タイガース・…

【世界の車窓から  ドイツ編②】

二週間ごとに毎回楽しみにしている【世界の車窓から DVD編】も既に半分が終わり、後半最初の【ドイツ編②】を今回観た。全30巻の中で二度登場するのは、ドイツ・フランス・スイスである。僕としては、ドイツを二度出すより他に見せて欲しい場所もあった…

世界の車窓から 英国編

全30巻の【世界の車窓から DVDシリーズ】も第15巻の「イギリス編」で折り返しを迎えた。1987年に始まった長寿番組も既に20年以上が経過したそうだ。ナレーションは石丸謙二郎さん、今回の記念番組のために英国を訪れ、自身でロンドンからマレイグ(スコッ…

行ってみたいな・・トルコ

かつて独身の頃、過ちで?何度かコッソリと足を運んだトルコと呼ばれる「素敵な?場所」ではなくて、本当のトルコ共和国に僕は是非いつか行ってみたい。今まで一度も行くチャンスが無かったが、先程 【世界の車窓から DVD トルコ編】を観たら無性に行きた…

ギリシャで・・恋する

今宵は【Goethe との再会】をお休みして、休診してエーゲ海のギリシャへきています(ウソです)。ま、例によって【世界の車窓から DVD編 第13巻 ギリシャ編】を観て妄想に耽っただけです。どうせ休みなんてず~っと取れませんから・・・ ギリシャといえば…

幻のチェコスロバキア

今回のGW期間中、僕は(厚労省に言わせると)たいそう暇な開業医だそうなので長い休みを頂いて、中欧へ旅に行ってきました(ウソですけど・・)。憧れのチェコ&スロバキアです。かつて1990年に中欧・東欧を旅したとき、チェコには何度もふられました。そ…

ราชอาณาจักรไทย

来るゴールデンウイークに、僕は「マレー半島」へ旅行に行きます。 (ウソですが・・)でも、【世界の車窓から DVD編 第11巻 タイ・マレーシア・シンガポール】を観ました。(これは本当です・・) DVDはタイの首都バンコックからスタートし、マレー半島の最…

Etoile-du-Nord <TEE>

今日は、【世界の車窓から DVD編】の「オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ」巻の後半を見た。僕はベルギーのアントワープに関しては、バスで郊外のレストランに立ち寄り朝食をとったことしか覚えていないが、今回のDVDを見て、少なからず後悔とショックを覚…

スケベ人間

今日は【世界の車窓から DVD編】の「オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ」を観た・・・といっても、まだオランダだけ。その中で、?な地名が登場。【スヘフェニンゲン】・・・これってもしかして、有名な海辺の観光地である「スケベ人間」のことか?って一…

【世界の車窓から】オーストラリア、アルゼンチン編

暗い気持ちになりそうな世紀末風の年度末の日本を抜け出すには列車の旅が一番ですね・・・昨日はオーストラリアの旅から帰国し、今日は南米アルゼンチンに来ています。 まずは・・・オーストラリア大陸です。大陸横断鉄道は数あれど、大陸縦断鉄道というのは…

スウェーデンの車窓から

スウェーデンと聞くと、直ぐに「フリーセックス」しか思い浮かばない浮かれ中年医師にとって、冬のスカンジナビア半島の鉄道の旅は興味津々である・・・何の関係も無い?今日の逃避行は、【世界の車窓から DVD スウェーデン・ノルウエー編】です。と言っ…

Ava Gardner と Portofino

今日も「数年後のリタイア」を夢見て・・・【世界の車窓から DVD 第6巻】を観ていた。今回は【イタリア編】・・・ ミラノ~ジェノバ~ピサ~ローマ、 ローマ~ナポリ~レッジーナ、 ローマ~アッシジ~フィレンツェ、 フィレンツェ~シエナ、 フィレンツェ~…

大陸横断鉄道

アメリカ大統領選挙の様子を見ていると、アメリカ大陸は広いな・・とつくづく感じる。ユーラシア大陸からアラスカ経由して北アメリカ大陸東海岸まで歩いて到達した【一万年の旅】という「ネイティブアメリカン」の本を当ブログで紹介したことがあるが、医療…

Mr Bean's Holiday

厚労省による医療破壊が日本人の未来を壊してしまう悪夢が、この4月以降には現実のものとなろうとしているが、少しでも現場の人間として「どげんかせんといかん」という熱い気持も、まるでインポ親爺の息子の様に途中で悲しく萎えて行く・・・ そんな父親の…

逃散したい

世間様から、そして一部の勤務医の皆様からも批難を浴びる日本医師会所属の開業医です。この季節になりますと単独で看護師にも相手にされずしばしば時間外診療をしていますが、マスゾエ禿大臣からまで「開業医は時間外診療もないし土日は休めるからいい」な…

世界の車窓から・・・

昭和の時代のヒーローだった「ブルートレイン」がもう直ぐ完全に消え去ろうとする世知辛い日本と違って、世界の国々には沢山の楽しい愉快な心躍る列車が走り続けている。そんな中で、今朝の新聞広告をみてさっそく本屋さんに「世界の車窓から DVDブック」シ…