読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

仕事 / 職場

旅立ちの記憶 1978年3月

これが恐らく 僕の「とりあえず最後」の記事になると思う。最終日の明日19日は「今後の願望」を書こうかな・・と思う。 暇があったら読んで欲しいが、今日は 1978年3月の旅立ちの記憶である・・・ その前に、実は カウントダウンの「三回の旅立ちの記…

旅立ちの記憶 1985年5月

二回目の今日は1985年5月の記憶である・・・ 医師国家試験が終わった四月の初め、僕は旅行会社に行って初めての海外パッケージ旅行を探した。まだ卒業旅行とやらが流行していたわけではなく、とにかく試験が終わって・・という感じだったが、いざ暇にな…

あの先生、倒れたの?

高齢者、しかも糖尿病から腎不全になった患者が増えている。当然、眼科受診をする患者も多い。また、白内障の手術を気軽に外来で透析患者も受けることが出来る良き時代である。先日、透析患者を回診していた時のことだ・・・ 僕、『Mさん、白内障の手術して…

過酷労働

我々は医師であるから、「医師の過酷労働」ばかりを気にしがちであるが、医師であるから「医師以外の過酷労働」もそれなりに知っている。また、開業医は経営者であるから「勤務者の労働環境改善」と「労働者の健康管理」には経団連のお偉いさん以上に気を配…

医師資格を取るだけ?

最近の【マスコミによる医師叩き】を反映してか、受験生や子供達の間で好からぬ傾向が出始めているという。成績も良く、医師になりたいという願望もそれなりに持っている子供達が、将来の夢に関して不安定な精神状態にあるようだ。【医学部に行って卒業して…

続 GWですが・・・

今日は4名の「業者さん」を不本意ながら「休日勤務」に巻き込んでしまいました。これも患者さんのため・・ですが、当の患者さんは全く知りません。先日も少し書きましたが、透析患者さんもGW期間中は旅行によく行かれます。その場合、どうしても透析日時…

喫煙者は採用しません

日本たばこ専売公社(JT)は、企業の論理だけで行動しはったらあきまへんえ。うちらえろう迷惑しとりおすのんや。いい加減、禁煙にしておくれへんと、医療費かて大変な事になりおすえ・・・と祇園の女将が言ったかどうか分かりませんが、タバコは段々減ら…

自己犠牲による僻地勤務?

今宵の報道ステーションの「病院崩壊」特集、皆さんどんな気持ちで見ましたか? 僕はその時刻まだ診療所で働いていましたから、残念ながら後半しか見ていませんが、古館氏の最後の締めの言葉には大変悔しい思いがしました。自分達の報道の仕方にも問題があり…

勤務医 ノーリターン

先日の本の紹介、『高学歴ノーリターン』に関して、僕のブログ記事にしてはコメントを多く頂いた。普段、コメントへの返事を失礼ながら書かないのですが、補足の形で書き記します。この元厚労省キャリア官僚の著書は、極めて刺激的なタイトルですが、僕も実…

2008年7月某日 逃散の行方(1)

2008年4月の診療報酬改定は、2006年、2002年と続いた小泉政権下での大幅削減劇がまた繰り返された。前回を上回るマイナス3.98%という過去最大の下げ幅になる改定を行った谷垣総理は、2007年夏の参議院選挙で大幅に与党の議席を落とした安倍…

中学生の職場体験学習

当地では中学生の「職場体験学習」が現在行われている。皆さんの街でもやられてるんじゃないでしょうか?昨年に続き、今年も今日から当「診療所とデイサービス」に合計3人の地元の中学一年生の生徒を受け入れている。中学一年生なので何も詳しいことを学ぼ…