読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

酒酔い診療の記憶

飲酒の話題が盛んです。いちおう記憶を書き留めておきます。別に良いこととは全く思ってません。悪いことでしょう。『最低の人間だ』と、閣僚にもマスコミにも批判されるでしょうが・・・ もう時効かどうか・・・20年以上が経過しましたので、たぶん時効と思…

インフル警報発令?

先日、当院の透析室でインフルエンザが突然発生しました。(普通は突然ですが・・) 朝から悪寒があり発熱していたようですが、その日が「透析日」だったので普通に入室してきました。しかし、一応はマスク着用指示にて透析開始です。今季は数回インフルエン…

3500万円は高いのか?

市立泉佐野病院の麻酔科医師の一斉退職に伴う新規採用者に、最高?年収3500万円が提示されたそうです。その後数日が経過し応募者が殺到したか否か知るよしもありませんが、この病院の名前を聞いてチョット思い出しました・・・ この病院は関空に近く、全国に…

読唇術 と インフルエンザ

今日、時々当院におみえになる「耳が全く聴こえない女性」がインフルエンザ様の症状で来院されました。キチンと読唇術が出来て発語は問題なく聞き取れますので、通常の診療には何の差支えもありません。 ところが、本日の症状は感冒というよりインフルエンザ…

最後の一冊【ギャンブル依存とたたかう】

医療機関の倒産件数が昨年の1.5倍になったという。小泉不況で病院の経営状態が悪いことは悪徳金融機関には周知の事実であり、変な金融機関が「病院再生金くれファンド」を作ったり、PFI病院なる「不良債権累積システム」を澄ました顔して構築している…

若い女性となら・・

忙しい診療ですが、患者さんとのコミュニケーションは大切にしています。 年の瀬も押し迫り、 5年以上診ている男性患者さんが、『先生、今年は年取ったと思いますよ』と言われるので、カルテの年齢を確認して、「まだ70歳くらいにしか見えませんよ。とて…

銃を持つ患者

院内での患者やその家族や取り巻きによる医療関係者への威嚇や脅迫は間違いなく医療崩壊への引き金になる。武器を携行している場合はなおのことだが、昨今の日本人はナイフを隠し持っている若者が大手を振って学校や巷を闊歩しているのが野放し状態なので、…

H5N1  その④

勤務医と開業医が争ってる場合ではない・・・という前置きをした上で今日も恐い「H5N1」の続きです。 新型インフルエンザ「H5N1」が強毒性ウイルスであるという仮定で国や自治体の対策マニュアルや行動計画は策定されています。そこで今回は「H5N…

H5N1  その③

新型インフルエンザ(H5N1)のパンデミック時における被害予想の深刻さに関して各自の印象の違いは、ひとえに「高病原性あるいは強毒性」の解釈にかかっているように思う。つまりこれまで報道されている「致死率の高さ」をどう解釈するかである。現在国…

H5N1 その②

新型インフルエンザの脅威を描いた岡田さんの本【H5N1】の話を続けたい。前回は批判的な意見の代表的なものをご紹介したが、おなじ書店サイトから行政の無策を危惧する意見の代表的なものをご紹介したい。長いので少し趣旨が変わらないように略しますが…

H5N1 その①

新型インフルエンザ(H5N1)・・・m3参加者の皆さんはあまり恐くないですか? 僕はとっても恐いんです。m3ブログサイトで「新型インフルエンザ」をワード検索してみましたら、全部で51記事がヒットしましたが、なんとなんと・・・ 51記事のうち …

治療島 と NEXT

「統合失調症の原因遺伝子の一つがマウスで特定された」、との記事が今日の毎日新聞にのった。僕も一人だけ統合失調症の診断名の付けられた患者さんを普段診療しているが、精神科の事情には詳しくないので古い情報なのかどうかも分からない。それに毎日の記…

ドッキリ

今朝おみえになられたペースメーカー管理中の患者さんが、帰り際に 『平河信三(仮名)が死んだそうですね。新聞に出てましたよ。あのライオンズの平河。この前はロータリーの山田が死んだし、この年になると皆死んでいくね』といわれた。 平川信三さんは確…

独居老人は誰が・・

【独居老人】という言葉をm3ブログ内で検索してみた。この記事を含めると全部で14記事のうち、なんと9記事が僕の記事のようだ。他の方は他の表現をされているかと思う、例えば「一人暮らしの老人」など・・ しかしながら、僕自身が日頃いかに【独居老人…

診察拒否しちゃいました

今日はいつものペースに戻りました。暑いのにもかかわらず、患者さんも御来院ご苦労様です。さて、そんなお暑い午後に常連のおばあちゃんの来院です。80歳近い上品な優しいお婆ちゃん、慢性心不全と不整脈と高血圧が主な病気です。でも最近は調子が良くて入…

医師も患者になるから・・・

身近な親戚が2週間ほど前に入院した。脳梗塞だった。今もまだ麻痺と構語障害が残って経管チューブからの栄養摂取の状況である。開業医であるが、息子が殆ど継いでおり経営的な心配だけは免れた。でももう現役医師に復帰は不可能かと思う。医師だけに自分の…

プールでの反省

昨日の日曜日、夕方の5時になって僕は娘とホテルのプールに行った。屋外であるが、周囲は廊下になったガラスの壁で囲まれており都会的な雰囲気である。まだ少し涼しい感じの夕方、お客さんは疎らだった。お判りとは思うが、僕はスタイルのいい眩しい美女の…

便秘?下痢?大丈夫?

ちょっと 「どうしましょう?」って感じです・・・ 昨日、『ここ14~5日便秘してます。どうにかして下さい・・・』という患者さんがみえました。およそ2年ぶり、2回目の来院ですが、日頃はT医院とK病院に通院中とか・・・・昨日は「かかりつけ医」が…

大地震と透析

新潟でまた大きな地震です。震度6強、僕には未体験ゾーンですの想像もつきませんが、震源に近い先生方、患者さん頑張って下さい。 地震が起きたときにまず心配するのは・・・【病院内がどうなっているか?】です。今回は、今のところある総合病院入り口に緊…

無理するベカラズ

【高齢者の一人暮らし】・・・・年金の受給年齢が引き上げられたうえに、田舎に多い国民年金の場合には生活保護家庭にも遠く及ばない。ましてや子供達に養ってもらえないとなると悲惨である。 昨日、そんな高齢者の悲惨な病態に出くわした。65歳の男性Aさ…

ご希望とあらば・・・

ここの【Pick up Blog.】になってから、上品さ?を優先してか僕自身あまり「批判モノ」は書かないようにしていましたが、「医療関係モノ」まで書かなくなっちゃって、振り返ると【僕は誰? 医者なのか?】といった内容の「非医師ブログ」の様相を急激に呈し…

透析と妊娠

なんとも厄介(難しい という意味)な患者さまを産科の先生に先日ご紹介させて頂きました。周産期医療では国内でも有数な施設です。ただでさえ「多忙・危険・汚い」という三重苦に産科の先生方が悩まれている事は知らないわけではありませんが、今回の患者さ…

当院の【内診】問題

産婦人科の看護師【内診】問題は、参議院の西島先生が『今後は逮捕されませんよ・・・』と自信を持って先日九州で発言されましたが、本当に本当でしょうか?もしこの先、誰かが逮捕されたら、西島先生は袋叩きにあってしまいかねません。正に議員生命をかけ…

タミフル ちょ~うだ~い

昨日、11歳の子供が来院されました。感冒症状後に『心臓が痛いよ~っ』と訴えての来院です。当院では当番医でもない限り小学生は珍しく、心臓疾患疑いにほぼ限られます。心筋炎、心膜炎などを想定して当院を小学校が指定したらしく、最近は田舎の小学校も的…

誤診しましたョ

なんと今日は【誤診】しました。恥ずかしながら告白します。日頃の僕は割と慎重に診るタイプでして、【誤診】とハッキリ言えるケースは稀だと自分では思っています。というか、『誤診ですよ・・』と突きつけられるケースは稀でした。誤診に気付かないのは悲…

妹との別れを前に・・・

勤務医の時から僕が10数年来診療を続けている女性がいる。彼女は既に85歳となり、当然ながら色んな点で診始めたころとは随分と変わった。特にこの1年近くは、下顎と手指の不随意運動を大層気にされてノイローゼ的になり、来院されるたびに暗く落ち込んで…

インフル対策

自転車通勤も現在やっと二日目が終了。しかし、診察を終え、今日も10時近くなって暗い夜道を遅くに帰ると、途中で野良犬に吼えられて、寂しさがフッと湧き上がってくる。すれ違う車の人々は、まさかいい歳をした開業医が暗い夜道を自転車通勤しているとは…

ジェネリックには困らされる

2007.2.14に『患者の涙』、2.19に『ジェネリックへ変更可ですか?』という記事を当ブログに投稿した。先日、その患者さんのジェネリック薬の事で混乱する事態が生じたので覚書として残しておこうと思う。ただの一例報告だし、個人情報の絡みで…

第一例目に想う

ついに終に遂に・・・当院にもやっと『インフルエンザ様』がお出ましになった。2月17日夕方の時間外に第一例目でB型、19日に第二例目でA型。いずれも隣接する市への通学通勤者であった。非常に遅いスタートだが、今後はやはり同程度に流行するのであ…

患者の涙

聴きなれた声が処置室の方から聞こえたが、ハッキリとは聞き取れない。久しぶりに見る彼の顔だったが、かなりヤツレテ、何時ものニコヤカな表情が見えない。カルテをみると前回の受診は3ヶ月前だったが、その際には、「調子が凄く良いから・・」と、看護師…

錠剤が呑めない患者さん

世間では3連休だったそうですね。うちは、透析とデイがあるので年間を通して祭日はありませんし、土曜日も夕方近くまでありますから、ここ5~6年は正月を含めて「2連休」も経験した事がありません。良く頑張りますね~ ドウシテ税金を沢山払うためにそこ…

奇妙なインフルエンザの話(1)

今季のインフルエンザは結局、当院では今のところゼロだ。一月末の時点での発生ゼロは、ここ10年間で初めてではなかろうか?これも地球温暖化・暖冬のせいとすれば、人々の健康や医療費対策には暖冬は良いことなのか?・・と、ひねくれてチョッと言ってみる…

時間外の男

私と同年代のその男は、たまにしか来院しないくせに、私の事を「かかりつけ医」と思っているらしい。機嫌の悪い清原みたいな風貌で、年に3~4度くらい必ず事前に電話をしてから来ようとするが、その殆どが時間外電話なので、私がキッパリ断ることもシバシ…

点滴を今からしてくれ・・

昼休み(と言っても回診中なのだが)に電話が入っていて、受付スタッフが何か患者とやり取りしている。「午前中の受付は12時までなんですよ・・。点滴を今からしてくれといわれても、午後の診察時間が1時半からなんですが・・。きついんですか?」と対応して…

心療内科みたい?

今日は、予想通りの開店休業状態だ。2週間前が正月休みなので仕方なかろう。昨日が予想より多かったので二日で帳尻はあった。それでも、病院を閉めて遊びに出かけられないのが痛い。缶詰状態、運動不足、メタボ進行、平沼さん可哀想。こんな日は、雑念をブロ…

報告を頂いて・・反省

正月明けの連休明け。ただでさえ外来が多そうな予想が出来たのですが、案の定100人を超えてしまいました。内科で100人を超えますとなかなか席を立てません。昼休みを40分取る間に食事してオシッコして他は座りっぱなしでした。もち、レントゲンの曝…

経済的理由でご無沙汰しました

年末の26日に紹介状を持たせた「進行癌に違いない患者さん」が紹介先を「受診し入院した」という知らせがまだ来ない。最近はどこでも当日か翌日にはFAXなどで受診連絡が100%入るので、きっとあの患者は受診してないと思われる。お金が無いから入院…

お金が無いので入院出来ません

癌だった、多分。それも進行癌で末期かもしれない・・・そうとしか考えられない今日午後の女性患者さんは、実に五ヶ月振りの来院だった。高血圧と糖尿病の薬をかつて3ヶ月ほど処方していたが、いつの間にか来院が途絶えていた。「来るものは拒まず、去るもの…

新型インフルエンザ対策 ?

新型インフルエンザ対策として先日厚労省が発表した内容は、私には非常に恐怖だった。真剣に真意を尋ねたいものだ。発表の第一は、流行時の国内死亡者数の予測・・・12万人。これはパニックを考慮して以前の発表より大幅に減らした数字のようだが、これでも…

心雑音 Levine Ⅵ度

今日は開業医にしては結構、循環器専門医をしていた一日であった。朝からHolter ECG を3例、心エコー図を5例する必要があったので充実した開業医生活を満喫していたら、夕方に18ヶ月振りの80歳の女性がみえた。勿論覚えていた、というのも必ず和服を着て来…

確かにノロ流行中

今年はノロウイルスが大流行しているそうだ。南の方から順に現在北上中らしい。確かに、当院が開業して以来の大流行であることは間違いない。かつては、小型球形ウイルスと呼ばれていたため急に流行りだしているように感じるのだが、決してそうではないし、…

下痢が怖い

今日も朝から「うつさないで欲しい」と言う位、嘔吐や下痢の患者さんがやって来る。循環器内科なのに消化器内科の様相である。全国的に流行しているのだろうが、当院でも遅ればせながら流行の波がやってきたのであろう。インフルエンザが同時流行していない…

気持ち良い?

月曜午後の忙しい合間の微笑ましい?話題を一つ。3時過ぎに急に待合室が騒々しくなった。甲高い声が待合室や処置室から聞こえてくる。予診をとったり血圧を測ろうとする看護師が全く仕事が出来なくなる程であった。「3歳・・」という声が聞こえてくる。歳…

風邪はイヤだ

先週くらいから風邪の患者さんが急に多くなってきた。正確に書くと、風邪症状のある患者さん達で、当然ながらインフルエンザはまだ流行していない。毎年、「風邪が流行り出すと開業医は喜ぶ・・」などと世間では信じているようだが、私は大嫌いだ。「開業医…

学校を離れて一息ついて

未だに「イジメ問題」はスッキリとした方向性が見えてこない。加害者への配慮がこれほど行き届いた国は他に無いのではないか? ある意味では、誰にも住みやすい国であることよ・・・虐めだけが問題で子供たちが病んでいるのでは無い。それは確かだ。中学から…

Medicine Man

永く診察していながら突然しばらく姿が見えなくなる患者さんがおられる。以前は2週間処方が主体であったので一ヶ月来院されないと、「あの患者さん最近姿が見えないね。誰かどうしてか知ってる?」という感じだった。政府の政策に素直に従う私の診療所では…

素人が間に入ると話が混乱する

先日、家にいる妻が電話で、「相談がある」と言ってきた。妻の相談の半分は大したことないので、「な~に~?」って訊いたら、自分の事じゃなくて、他人の病気の相談だという。妻は時々こんなお節介をするが、きっと自分も友達や知人に色々頼み事をしている…