Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

ボーリング界の女王

お昼の「みの」さんの番組を見てたら、今日は須田開代子さんが無くなった日だそうだ。みのさんの番組は「健康コーナー」は意地でも見ないが、12時50分からの「今日は何の日」のコーナーは、懐かしい話題を毎日提供してくれるのでよく見る。40歳より若い人は決して知らないだろうが、須田さんは、ボーリング界の女王だった人だ。享年57歳で、胃癌の再発だったそうだ。ボーリング全盛期にはもう一人の美人ボウラーである中山律子さんがいたが、実力は須田さんが明らかに上だった。

須田さんは歌手の森昌子やゴルフの中島、中山さんは山口百恵や尾崎タイプだろう、といっても若い人はピンと来ないかもしれない。しかし、どんな田舎でもボーリング場があって、2~3時間待ちの大人気で、当時の須田さんの年収は4000万だったというから今のゴルフどころの人気と収入ではなかった。「律子さん」の歌まであって、天地真理ピンクレディー並の人気スターであった。

彼女は、胃癌の手術をした後も全国でボーリングの再興のために尽力し、葬儀は何とボーリング場で営まれたそうだ。その時のことはあまり報道はされなかったのだろう、覚えていない。最期は、アメリカに渡って癌末期の治療に賭けたそうだが、免疫療法だったのだろうか?

で、なぜボーリングを突然持ち出したかと言うと、我が家では月に1~2度ボーリング場に家族で出かけるからだ。下の娘が2Fでボーリングをしてる間に、上の娘が3Fでスケートをして過ごす事が多い。付き添い役の私は、気が向いたときだけボーリングを付き合う。しかし、いつ行っても何故かガラガラで、待たされたためしがないので、時間が計算できてストレスも少ない。年会費1,000円で子供料金は気の毒なほど安くなる。同じくお客が少なそうなスケート場も含め、どうして経営が成り立つのか不思議なほどであるが、まあ安ければいいという世の中の風潮に逆らう必要も無く、詮索はすまい。

ボーリングは家族皆で和気藹々と出来、子供もそれなりにスコア比較で楽しめるので、高齢者を含めた3世代プレーも可能で、もう少し人気が復活してもいいのではないかと思うが、ゲーセンに入り浸る子供達には上品過ぎるのであろうか。子供の友達も一緒に一人の大人で遊ばせる事も可能で、特に雨の日にはちょうどいいと思う。親子の会話の時間も取れるし、大人達がゴルフのラウンドするのと似ているが、圧倒的に色んな意味で手頃である。

ただ、スコアをコンピューターが勝手に計算し記入してくれるのは少々味気ない。折角なら昔みたいに手書きで計算させると、算数の勉強にもなって子供にはもっと有意義だと思うのだが・・・今の子供は、めんどくさがるだろね。

ネットやゲームをやるより余程健康的だと思うのだが・・・ただ、もう少し子供達が勉強熱心ならもっといいのだけど・・・

 

読んでくれてどうもありがとう。