Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

澤教授よかったですね

京都大学のiPS細胞の時はどうだったか覚えていませんが、昨夜のNHK7時のニュースのトップを飾ったのは大阪大学の澤教授のグループの話題でした。医学系の喜ばしい話題が夜のニュースのトップを飾る事は稀(悪い話は多い)ですから久々に嬉しかったですね。

澤先生は風貌がまだ失礼ながら教授っぽくないですね。特に髪型なんて昔から変わってませんし、お若いままです。

 

さて、医師不足や医療破壊の原因の一つであろう新臨床研修制度は今後どうなっていくんでしょう? 都市から地方へと無理やり研修医を誘導しようとしていますが、僕は悪名高き昔ながらの「医局制度」が好きでした。これは前も書きましたね・・・

医局制度や教授に対する感想はその医師の所属した医局の雰囲気や教授の性格によって大きく変わるのではないでしょうか? 僕は卒業大学と異なる大学の医局に入局しましたが、今も「良かった~」と思っています。少なくとも僕のコレまでの人生と現在の生活や医療活動の全てに大学の医局が深く(良い意味で)関係していますから・・・

 

開業退局して10年になりますが、深い感謝の思いをこめて未だに盆暮れの中元・歳暮も続けてますし、時おり送られてくる情報誌も楽しみです。講演会や研究会での多くの同窓医師との交流も兄弟の雰囲気ですし、ご家族の訃報の連絡も度々送られてきます。戦友の雰囲気でしょうか?

当然ながら博士号指導のお礼もしましたし、結婚式の仲人もお願いしましたし、留学の際のお世話に対しても心より感謝しています。これらは教授だけでなく、多くの先輩方に対しても同様の感謝の気持を持ち続けていますし、研究面で活躍された先輩方や歴代教授にも尊敬の気持を抱いています。信じられないかもしれませんが、他の医局の教授や他の大学の教授に対しても同様に尊敬の気持を抱く事が少なくありません。

 

先程の澤教授とは僕は別の大学ですが、先生が研究室で研究される姿を見たことがあります。もう15年ほど同路線の研究を続けてあるようですが、今回の成果は非常に素晴らしいのではないでしょうか? 僕なりに先生の地道な研究活動を尊敬しています。(これを読まれて無いでしょうが・・)

先生と最後にご一緒したのは、僕が開業する二年前のAHA(ニューオーリンズ)からの帰途でした。3泊4日の強行軍でAHAからとんぼ返りした僕でしたが、発表が終わって深夜までフレンチクオーターのトップレスバーに、各地の(今は教授になられた)数名の先生方とご一緒しました。先生はお忘れでしょうが、朝一番のホテルからニューオーリンズ空港行きのバスで知った顔に出会えて眠たいのにずっと話をしたのを今でも覚えています。

あの頃、講師や助手で活躍していた多くの優秀な研究仲間や知人が今では沢山全国の「教授」になって活躍を続けていますが、「教授になるまでの過程」を知っていれば知っているほど「教授職」を尊敬してしまうのです。

 

臨床研修制度のせいで大学で働く医師が激減し、恐らく研究に費やす時間も減っている事でしょう。僕は非常に心配しています。今後、基礎も臨床も立派に指導出来る教授がどれくらい誕生するのか? まだ数年は良いでしょうが、今の卒業生が40代になる頃に医学教育はどうなるんでしょう? 臨床以外はやってる暇が無くて、基礎との両立は多分ダメでしょうね・・・ 残念ですが。

 

NHKのニュースを見てチョット「教授」というものを考えてしまいました・・・

 

読んでくれてどうもありがとう。