Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

落ち葉拾いに地球の未来を考える

今日はず~っと僕の股間が硬直して大変な事になっている。昨日、朝っぱらから妻の願いをきいて大胆に腰を使いすぎたのか、夜になって歩くのも痛むし、下半身がが恥ずかしながらガクガクしている。

 

下手くそな「釣り」に釣られる変態読者はm3にはいないでしょうが、今日は大上段に構えての壮大なタイトルでエントリーをいたす。実は昨日僕は我が家の庭の落ち葉拾いを行った。そのために足腰の筋肉が悲鳴を上げているのである。間違っても誤解をしないように・・・。

 

すっかり紅葉も終わり、玄関先から裏庭の方へ沢山の落ち葉が積もっていたのである。自然愛好者の僕としては落ち葉は風景の一部であり、木枯らしとともに遠い彼方へ飛び去っていく旅人のようだと思っているので「落ち葉拾い」などをする必要性を普段は全く感じてはいないのだ。

そもそも【落ち葉はゴミではない・・】と僕は思うが、世間には「燃えるゴミ」扱いにする人々が実に多い。僕の故郷などは落ち葉は土に還るのが当然でアスファルトやコンクリートの表面で朽ち果て舞い上がる様などはかつて見なかった。しかし、週末僕が過ごしている都会には土の表面が実に少ない。我が家の狭苦しい庭にも土の部分には木が植わっているか芝生が這っているかのどちらかで、用もないのにむき出しの土の部分が申し訳ない程度にしかない。

 

落ち葉は腐葉土として貴重で、たい肥化作業もこまめに行えば可能である。それくらいは知っている。町田市の様に自治体によっては補助金を出してたい肥化容器の導入を促進しているが、使用方法が結構手間が必要なので普通の性格の人にはむきそうも無い。

 

一応、リンクを上げておく。

 www.city.machida.tokyo.jp/.../index.html

色んなタイプがあるようだが、自治体によっては公園の木の元に積み上げてたい肥化としているところがあるが、落ち葉の量は普通の家庭でも半端じゃない。

 

我が家の狭い庭でも(有料)ごみ袋が20袋あっても落ちている半分も集められない。チョット前まで無料だったが、ゴミ袋が有料になると「なぜ落ち葉を有料で捨てなきゃいけないのか?」と感じてしまうのは庶民の浅ましさであろうか。とにかく20袋でも1000円もするので落ち葉を見ると恨めしくなってくる。

 

さらに、この「燃えるゴミ」の袋に納まった落ち葉が焼却処理されるのも実に情けなくはないか?地球温暖化のために有用なはずの樹木の落ち葉が燃やされて温暖化を促進する・・・変な話である。

COP13という環境会議が行われたインドネシアでも広大な森林がドンドンと伐採されている。バイオディーゼルの原料になる植物を植えるため欧州の需要がアジアの環境破壊を生んでいる。森林が伐採されると地下の堆積層からCO2が放出されるという。バイオ燃料が生み出す別の環境破壊・・・リサイクル用の燃料も大きな矛盾を抱えているという。

 

各自治体も悩んでいるだろう・・・ 上のフローチャートでも落ち葉は腐葉土にするモデル事業には採算性で追いつかないようで、結局は「燃やす」しか無いという大いなる矛盾を抱えている。田舎の自然な森林は良いと思うが、都会の樹木を見る眼が今後大きく変わるかもしれない。出来るだけ落葉樹ではなく常緑樹を都会には植えた方が良いのではなかろうか?

ちなみに、僕は「地球温暖化」説は胡散臭く感じている・・・

 

読んでくれてどうもありがとう。