Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

救済とか補償とかあるのか?

薬害C型肝炎訴訟問題は、期限の20日に福田低迷内閣の政治判断という選挙対策用ヤケクソ一律救済が行われそうな雰囲気になってきました・・・・と一応はずれるでしょうが、「予告」しときます。

世間では「薬害」とか「医療ミス」とか「説明不足」とか・・・どうみても不可思議なケースまで常識欠如と思われる裁判所のリピーター裁判官によって大甘な日本独自の巨額補償が普通に行われていますが、これらは医師が被害にあった場合にはどうなるんでしょうか? 少なくとも過労死に関しては医師は認定される事が少なく、自己破産も生活保護申請も収入が無くても医師には厳しいとか。そもそも医療ミスを訴える医師家族は一部を除いて極めて少なそうですし、色んな意味で医師には補償と言うものが少なそうですね。

逆差別・・とか叫ぶことも恥ずかしくてしにくいし、静かに「逃散」へと医師達を向わせるのでしょうね。

先のイラク派兵のように死者がゼロという安全な派兵の場合でも死亡保険金は一億円とかいう噂でした。手厚い遺族年金などもあることでしょう。

 

それより「新型インフルエンザ」の死者数や死亡率は無茶苦茶高くてイラク派兵どころじゃないんですが、そこで逃げずに働かざるを得ずに患者から感染して死亡した場合には、医師などへの充分な補償や救済などはあるのでしょうか? 

それ相応な補償も無かったら普通の人と同じく自宅待機しながら超危険な医療現場から当然逃げたくなりますし、マスコミにしばしば登場するような医療ミス訴訟の補償額より少ないとかなら恐らく逃げたくなるのが人情でしょう。まさか補償も救済も期待せずに医師や看護師は公務員じゃなくても働いて死ね(あるいは死ぬまで働け)・・とは政府も考えてはいないでしょうね。

 

新型インフルエンザ」流行時におけるパニック時の医療現場は無茶苦茶な修羅場や地獄絵の様になると僕は想像していますが、そこでも「医療ミス」とか「説明不足」とか「期待権」とか「院内感染」とか「たらい回し」とか「応召義務違反」とか平和な日本の医療叩きが同様に行われるのでしょうか? 福島県では「新型インフルエンザ」も絶対断らずに救急車で運ばれれば会長さんの病院などで全部本当に診るんでしょうか? それとも非常時には病気なんて全部が当然の如く見過ごされるのでしょうか? まともな医療なんて期待できませんから患者からの訴訟の権利も当然無くなるのでしょうか? 保険証も出さず、お金も払わない患者が殺到しても自腹を切って破産しても診療を続けろってどうせ言うんでしょうね。 

その代わりに「借金」は払わなくても良くなりますか? 企業倒産、病院倒産の個人補償などは「新型インフルエンザ」時には多分なくなるんですよね? だって生命保険の死亡保険金も出ないほどの非常事態なら借金返済だけを平時の様に期待は出来ないでしょう? 社会は大混乱に陥りますよね。日本も崩壊する可能性がありますよね。どう考えているんでしょうか、無駄使いばかりの怠慢政府と官僚さんは・・・?

 

今度の診療報酬の決定方法には怒り心頭の医師が勤務医・開業医を問わず沢山いるはずです。「新型インフルエンザ」流行時に医師達の献身的な協力なんて当てにしてないんでしょうね多分。あんなに医師を馬鹿にした態度なら非常事態に誰が命を賭けて戦いますか? マスコミもそんなこと考えながらクダラナイ馬鹿げた医師叩きを続けてるんでしょうか? 知能が足りない人がマスコミの編集現場に今までの様にいちゃいけません。マスコミも自浄能力を発揮したらどうでしょう? クダラン「あほ漫画」とか載せてる場合じゃないでしょ? どう思いますか、3系さん?

 

政治家も官僚も非常事態への現実的な備えなんて考えているんでしょうか? 現場を知らないから想像できないのでしょうが、「風邪」と「新型の初期」の症状を医師が感染しないで簡単に出来ますか? 宇宙服みたいな防護服着て全部の医師や看護師が診療できますか? そんな防護服が医療関係者がワクチン作成までの半年間も存在しますか?

 

あのSARSですら困った「発熱外来」なんて現場を知らない人しか機能するとは思わないでしょう? 今日も皆さん10人以上の風邪やインフルエンザの患者を診察したでしょう? そんな人を皆「発熱外来」だけで診察できるはずは無いですよね。慢性疾患を抱えていて発熱したらどうするんでしょう? 透析患者が発熱したら感染症専用ベッドで個人透析機で治療するんでしょうか? どこにそんな新型インフルエンザ対応が可能な透析が出来る病院があるんでしょうか?

 

救済とか補償とか言う言葉は数年後のパンデミック後の世界では死語になってるかもしれません。あなたが医師として感染して死んでしまえばそんな世界は見れませんけど・・・ 

 

読んでくれてどうもありがとう。