Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

みんな大丈夫か?

毎年のことなれど、クリスマスから年始にかけては大忙しで大変だ。この時期の連休は何とかならないものか? も~イヤだ・・という職員達の声なき声、院長の地獄からの叫びが院内に悲しく漏れイズル悲しきクリスマスであります。

 

昨日も朝から22時まで仕事したのに、今日も大忙し。開院以来の最多記録を更新してしまった。外来患者が114人、結構な難しい患者が沢山混じっていて一人で30分くらいかかった人も二人。20分なら5人、他の人には申しわけないが、ボ~っとしながら診察していた事を告白する。

食事をしたのは午後3時33分頃。冷たくなった食事を1分29秒で食べて、冷たいお茶を12秒で飲んで、椅子に座って午後の部開始。まだオシッコはしていない。おしっこしたのは午後4時19分頃、脱水のためあまり出なかったが、膀胱炎の患者の尿検査で顕微鏡を覗いて大腸菌を見たら「出しとこう・・」と決意して待合室に並ぶ患者の顔を見ることも無くトイレへ・・・でもその後も6時14分まで立てなかったので行ってて良かった。その後の残務処理関係が8時を回って一段落、結局オシッコを除いて立って歩いたのはレントゲン撮影に8回ほど向っただけだった。オナラは今もまだしていない、少なくとも記憶が無い。

看護師も事務も似たような状況だから、彼女らが膀胱炎とか痔とかノイローゼとか声帯ポリープとかになって当院から逃散しないことを切に祈る。

 

な~んだ114人か、少ないね毎日だよ~って言う声が聞こえてきそうだ(アカガマ奴隷医院には負けます)が、結構マトモな患者が多いのがこの時期の特徴でもあって大変だ。

いけないのが、「正月が近いので他の病院に通院しているが体調が悪いのでここへ転院したい。黙って来たので紹介状もないが胸が痛い、息苦しい、何とかしてほしい・・」という患者さん達。当院は第一標榜科が循環器科なので、他の内科外科開業医だけでなく、病院からも転院希望の方が良くみえる。しかも、年末とかGW前になると不安になるようで比較的重症の方々が増えだす。コレが時間を食ってしまい、ただでさえ忙しいのに「パニック寸前」にまで至ってしまう。

 

この時期の平均外来数は90人近くになるが、これでも僕の感覚では勤務医時代の外来より相当忙しい・・というか看板を背負い職員の生活を背負いプレッシャーが大きい。

なにしろ「交代」が居ない。僕が倒れたら・・・閉院で家族は借財を背負い、職員達は他を探さねばならない。40歳を過ぎた看護師達は、「先生が倒れると私たちを雇ってくれる病院は無いので元気でお願いします。オダイジニ・・・」と言いながら帰っていく。

そうだそうだ、絶対に休めない・・・という悪夢を今朝方見てウナサレタのがそもそもの始まりだった。

 

連休とか正月とかクリスマスとか・・・大嫌いだ、ばか!!

透析患者さんごめんなさいね。今日は回診できませんでした・・・

 

読んでくれてどうもありがとう。