Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

年末ピンチ②

先程の「年末ピンチ①」に比べればピンチでも平凡パンチでもないし、ブログに書くほどの事でもないのであるが、当ブログの目的は僕のボケつつある記憶をとどめるものであるために自分勝手に書いている。従って記事の内容には不適切な表現が多く含まれもするし、読みたくない人は読まなくて良いし読んでも明日からの人生に価値あるものでもないし時間の無駄かもしれないし、どうか勝手にして欲しい・・・

 

さて、外来をしていた朝の10時過ぎに何故か診察室の机の上の携帯電話が鳴った。愛する美しい優しい才能溢れる純真な妻からだった。滅多に診察中に携帯にはかけてこないので一応取ったら思いがけない「緊急電話」だった・・・

 

僕は年末年始も無くずっと院内に篭って仕事であるが、子供たちまで家に閉じ込めるのでは教育に悪い。折角この黄昏の医師の世界に飛び込んで人々の健康に貢献しようと努力している子供に「医師の世界はかくも悲惨で不条理に満ちており選択すべき職業では最早なくなった・・・」という本音を悟られて志望を変更させるのも忍びなく、少しは医師になれば良いこともあるよ、努力する態度、努力が報われた時の喜びの姿を学んでおいで・・・と子供を送り出したのである。

 

行く先は大阪の全日本フィギュア選手権。しかし子供は一人では危なくて行かせられず、妻も用事で行けず、母に同行を依頼した。折角なので名古屋の姪も誘って新大阪駅のホームで西から東から出会うように列車の到着時刻を合わせた。姪も中学生で物騒な?大阪に一人で待たせるわけにもいかず、その差は3分だった。母と子供は新幹線の座席で待ち合わせることにした。

で、例の電話である・・・・

子供を駅に送る妻が「間に合いそうも無い」と出発の三分前になって電話してきたのである。母は既に列車の座席に座って駅から乗り込んでくるはずの娘を待っているはずである。このままでは母が乗り遅れた娘を一人ホームに残して大阪に一人で向ってしまう。オマケに名古屋の姪と出会う時刻までずれ込んでしまうのである。確かに緊急事態である。

 

既に患者を診察室に呼び入れていたが、時間的余裕が無く、母に電話をしてみたが車内が煩いのか電話になかなか出ない。何度かかけてやっと出たので開口一番「娘は間に合わないので直ぐに列車を降りて・・・」とだけ言って電話を切り直ぐに診察に戻った。

診察後に「ちゃんと降りれた?」と聞いたら、「目の前でドアが閉まって降りれなかった・・もう行ってる」と既に一人だけで出発してしまった模様。コレで三人がバラバラになった。

 

しかたなく娘に次発の新幹線に乗るように伝えたが、列車変更のため指定席ではなく自由席になってしまう。次に母に電話をして次の駅で降りて次の新幹線に乗って自由席で娘と落ち合うように電話しようとしたが・・・・何度電話してもトンネルが多く電話が直ぐに途切れて話が全く出来ない。早くしないと次の駅まで直ぐに着いてしまい、また降りれなくなって混乱を引きずってしまう・・・

外来患者が沢山待ってて診察はせかされているし、直ぐにでも母に電話して降ろさないといけないし・・・結局、僕の時間が無くて看護師さんに事情を話して母と娘に連絡を取り続けてもらうようにして僕は診察に戻った。

名古屋の姪のほうにも電話して乗る電車を遅らせてもらい、結局は母と娘は次の新幹線の自由席でなんとか落ち合ったようだったが、電話したくても出来ずに診療を続けながら僕は・・・焦った焦った。

 

スケートの方は、ご承知の通り浅田が二連覇を果したが、浅田も安藤も中野も昨日失敗した武田もみんな素晴らしい演技をして会場を感動で包み込んでしまったようだ。ショートで浅田、フリーで安藤がトップとなり夫々が満足した試合だったようで非常にハイレベルな優勝争い、三位争いになったのではなかろうか? 

感極まって涙を流す一流選手達の姿を娘には直で見せてあげたかった。スケートも医師になる勉強も努力の積み重ねが大切。マスコミには分からないだろうが、遊んでて立派な医師には決してなれない。他者に役立つ医師になるためには努力につぐ努力である。勉強ばかりではダメだが、遊んでばかりでは無理である。

スケートも一緒、陰での努力が最も大切だ。真央ちゃんも安藤も中野もみんな凄く努力して今に至っている。本番での緊張の姿、僅かのミスも高いレベルの試合では負けにつながるのだ。その真剣勝負の姿を教えたくて、僕は冬休みでも仕事でどこへも連れて行ってあげられないが、母に頼んで引率してもらった。母は母なりに感動していたようなので親孝行も出来てよかったと感じている。

 

先程ホテルに戻って嬉しそうに電話をしてきた。「真央のコーチとホテルのエレベーターで一緒だったよ。真央もこのホテルに泊まるんだろうね・・」

きっと今頃は、浅田や安藤とホテルのロビーで出会う夢を見ていることと思う。ところで、この衣装は50万円もするそうですね・・・

 

娘には医師になる努力を今後も続けて欲しいが、その頃には馬鹿げた「魔女狩り報道」や「医師の労働問題」や「モンスター患者被害」の問題などが解決した住みよい働きやすい美しい国「日本」になっていて欲しいと僕は願っている。

 

読んでくれてどうもありがとう。