Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

Ava Gardner と Portofino

今日も「数年後のリタイア」を夢見て・・・【世界の車窓から DVD 第6巻】を観ていた。

今回は【イタリア編】・・・ ミラノ~ジェノバ~ピサ~ローマ、 ローマ~ナポリレッジーナ、 ローマ~アッシジフィレンツェ、 フィレンツェシエナ、 フィレンツェボローニャベネチア ・・・という路線。

 

僕はまだ南イタリアには行った事がないが、開業医を引退したら世間並みに陽光溢れる南イタリアにでも旅行で行ってみたい。来年か、再来年か・・・ こんな日本はもうイヤになってきた。

 

さて、最初の路線・・・ 何故かポルトフィーノが登場した。Portofino は素晴らしい景勝の小さな港なのだが、線路や駅は無い。半島の付け根に近い、もう少し気さくで、もう少し大きな港であるS.Margherita Ligure に駅があるのだが・・・

僕は1992年だったか、初夏に留学先のフィラから学会でフィレンツェに行った折り、ローマからレンタカーで ~アッシジフィレンツェ~ピサ~ポルトフィーノジェノバ~ミラノ と助手席に美しい妻を連れのんびりドライブ旅行をした。以前、新婚旅行で コモ湖ベネチアに関しては記事にしたが、それとは別の「学会旅行」・・・ あ~開業しなけりゃ良かった?

 

僕らはポルトフィーノのホテルが予約出来なくて、マルガリータリグレの海辺のホテルに宿泊した。

 

そこも素晴らしいのだが、ポルトフィーノの港は素晴らしかった。

ハンフリーボガートとエヴァガードナーの1954年の名作【裸足の伯爵夫人】で登場した小さな町がここではないかと思っている。

エヴァポルトフィーノが大好きだったらしく、Hotel Splendido の541号室には今も彼女の名前が冠されているそうだ。

 

上の写真がそのホテルであろうが、残念ながら普通の「立ち寄り観光客」は下の角度からポルトフィーノの街を見ることになる。

でも、それはそれで美しい。横に佇む妻より美しい・・と言ったら激しい喧嘩になったことを今も覚えている。

 

しかし、残念ながら絶頂期(1954年頃)のエヴァは明らかに妻より美しかった。あのフランク シナトラを略奪婚したのだから・・・ 映画の中で情熱的にフラメンコを踊るマリア・・・ なんとも凄い魅力だった。

 

あ~麗しのポルトフィーノ・・・ 僕が開業医を引退するまでその美しさを留めておいて欲しい・・・お願いだ。

 

 

読んでくれてどうもありがとう