Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

イタリア逃避行①

先日の【世界の車窓から DVD イタリア編】を観て、先日のPortofino の記事を書いたら、無性に医療崩壊の進む日本を飛び出したくなってイタリアへ来ちゃいました。今日はイタリアからお送りします・・・

アリタリア航空でローマのダビンチ空港に降り立った僕は、空港のレンタカー屋さんに直行して予約していた高級外車を借りました。外車といってもメルセデスですが、なんとマニュアルでした。しばらく「バック」ギアに入れるのが判らず前進しか出来ずに危ない目にあいましたが、なんとか判りました。押してシフトするんでしたね・・・

 

ローマは二度目でしたが、車を自分で運転して入ったのは初めてです。相変わらずローマっ子の運転マナーは悪いですね。

 

車線の概念も無きに等しく、街中で信号毎にスタートダッシュ競争をしてるみたいです。隣の車にこするんじゃないかとヒヤヒヤしながら名所旧跡を巡ります。

 

ダン・ブラウンの【天使と悪魔】を読んで以来、ローマの闇の虜の僕は自由自在に市内中をドライブして回りました。

助手席に坐る妻がヘップバーンみたいに可憐であるともっと良かったのですが、贅沢は言えません・・・

 

でも、休みはあまり長くありません。騒々しいローマは2泊で切り上げて北へ向います。憧れのトスカーナ地方へのドライブ旅行です。一応、有名所のアッシジフィレンツェ、ピサなどは押さえるつもりですが、愛する妻と二人の自由な高級外車の旅です。

 

途中、なだらかな丘陵地帯に疎らにそびえる糸杉の木立・・ ぶどう畑と淡く明るい数層の緑のモザイク・・・ これぞ、僕の中のトスカーナのイメージ。ドライブ旅行の良いところは、そんなお気に入りの景色を飽きるまで眺められること・・・ 

 

厚労省による医療破壊の悲劇などを忘れさせてくれる様な素晴らしい長閑な眺めです・・・

 

そんな悲惨な日本の現状を考えるうちに、最初の目的地である聖フランチェスコの聖地アッシジに到着しました。丘の上の街に自動車を乗り入れるのは恐縮でしたが・・・

 

アッシジ・・小さな街なんですが、世界の人々が知ってる街なんですよね、凄いですよね。住んでみたいとは思いませんが、ウットリする街ですね。

 

そして僕らは本当の目的地であるフィレンツェへ・・ 学会発表なんです。万波医師の様に、厚労省に嫌われても外国で評価を受ければ本望だ・・という心境でしょうか。

 

フィレンツェの街の中、自動車を運転するのは結構大変です。狭い路地を縫うように、ゾロゾロ歩く観光客を撥ねないように気をつけて・・ 

 

公園でたむろするジプシーやホームレスに驚きながら美しい街に浸ること3泊。学会発表を済ませれば気分は楽なもので、美術館や博物館、レストランやウインドーショッピング・・・ミシュラン片手に連日連夜のレストラン巡りは、美味しいワインによってイタリア人相手に『厚労省のバカ野郎・・』とテキトーに愚痴をこぼしてストレス発散、楽しめました。

 

さてさて、明日はフィレンツェから(学会をサボり)足を延ばしてドライブで日帰り小旅行・・・ 塔とワインの街、サンジミアーノへ向います。

もうしばらく、診療報酬改悪の悪夢を忘れるために逃避行を続けたいと思います。よかったら一緒に夢の中で旅行しましょう・・・

 

読んでくれてどうもありがとう。