Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

苦情続出

季節柄か 連日、外来患者が80人近く来院される今日この頃・・・

毎日、院長自ら四月からの「五分ルール」を徹底する練習中・・・

普通「企業努力」というのは、【最短の時間で最高の効果を・・、お客様満足度の追求】という事だと理解してきて当院も日夜努力を重ねてきたのだが、厚労省の考えだと違うらしい。

何度も同じ事を書くのも芸が無いが、苦情続出の外来に「患者も医師も悲鳴を上げている」今日この頃である。

 

いつもは待ち時間30分以内を何とか限度と考えている。しかし、「五分ルール」を適用すると 患者は待たされる待たされる・・

今日は、「病院に泊まるかと思った」とか、「もう帰る」とか、「クソ厚労省役人め・」とか、「待ってて気分が悪くなった」とか・・・何人か怒鳴って帰っていった。スタッフが可哀想。患者もクリニックで2時間待ちじゃ怒るだろう・・・

面白いことに、待った患者は長々と話して帰ろうとしない・・・ 失われた時間を取り戻そうと反抗でもしているのか?

 

なんで医者がワザワザ患者を待たせるの? なんでワザワザ患者満足度を下げさせるの? 待ってる間に血圧は上がり、呼吸は荒くなり・・・ 今までの苦労や工夫や努力や信用が台無し・・・ アホらしい。患者だって、体調が安定していれば医者の良好な管理に感謝して早く帰りたいのだ。

 

「診療の流儀」を素人並の役人様や文系学者に決めて頂くとはアリガタヤありがたや・・・

 

ついでにトヨタにもキャノンにも言ってやれ・・・【時間をかけて製品は作りなさい。一日の生産数が多すぎると監査して販売価格をカットします。他より多く造るのはインチキしてる証拠です】

 

読んでくれてどうもありがとう