Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

色 (欺 恋 悔 犠) 戒

2007年のヴェネツィア国際映画祭グランプリ【金獅子賞】受賞作品である【色 戒】(LUST CAUTION)を観てきた・・・

ちょっと個人的な先入観が強すぎて、入る前からドキドキ・・・ 窓口の前に並ぶカップル達の卑猥な寄り添い方にドキドキ・・・ 女性だけの客や中年カップル・・・ そして白髪交じりの怪しい行動をする中年医師が一人・・・

 

診療所向けの院内感染対策研修会に出席後、市内でただ一箇所しか上映されていない【ラストコーション】を観るべく秘めやかに映画館に向った。家内には内緒・・・子供にも当然内緒・・・

 

始まった・・・ 1942年の上海 なんとも期待させる映像、そして時代背景。マージャン卓を囲む女性たちの中に若く美しい「アノ女性」が映し出されていた。

 

ご存知の方も多かろう。過激ともいえる性愛のシーンで有名な映画だ。しかし、それだけで金獅子賞受賞は無理なはず・・・ 僕はこの女優が今から繰り広げる状況を想像して過呼吸症候群になりかかっていた。生唾を飲み込む音を後ろの若いカップルに聴かれたら困る・・・ だが、なかなか始まらない。

 

そうこうしているうちに、この映画の持つ本来の魅力にグイグイ引き込まれていく自分に気付いた。なんか凄い映像・・・性愛のシーンへの期待などとうに失せて1939年の香港と1942年の上海へタイムスリップする。なんとも不思議・・・抗日運動の味方であるべきか? 敵は日本軍傀儡政権のスパイのボスの味方であるべきか? 美しき女性「王」と、彼女を穢し惹かれる冷徹な「易」・・・ 日本人の僕の心は定まらない・・・

 

そして始まった・・・ 愛と性と恋の「闘いのようなセックス」の日々。僕は易と同じく彼女の魅力に惹かれて行く・・・ 

期待した以上の迫真の性愛のシーン。大袈裟なボカシがなんともイヤらしい・・本物疑惑が起こるはずだが、真実は・・・無修正DVDの発売を待つことにしよう。あの腋毛・・・チャイナ服からのはみ出しはエロ過ぎる。

 

しかし、彼女の演技や監督の技量などは掛け値なしに素晴らしい。あの無修正の激しい性愛のシーンは最後の悲しい別れへの欠くべからざる過程であり、過度のボカシはR-18なのに残念だった。表情の一つ一つが1942年の上海の姿を上手く表現していたのではないか?

こんな美しい女性があんな裸体と性愛の表現をスクリーンで見せるなんて・・・ 心乱される中年医師。

 

僕は色々映画を観てきた方だと思うが、この【色 戒】という映画は文句なしに素晴らしい。是非皆さんにもお奨めしたいのであるが、男性も女性も一人で行くより愛する人と行かれた方がより素晴らしく感じるのではなかろうか?

しかし、鑑賞後に何が起こっても僕は責任を取らないのでアシカラズ・・・

 

色・欺・恋・悔・犠・戒・・・・ 色んな感情が巡る素敵な傑作映画である。

 

読んでくれてどうもありがとう