Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

勤務医時代には知らなかったが・・・

国際ナントカ大学とやらで学者と勘違いしていそうな官僚上がりの八代某とかが勤務医と開業医の仲違い政策をヤクザみたいに推進する政府関連委員会の裏議事録が再び曝露されても一向に恥ずかしげも無く名ばかりの教授とか出鱈目委員とかを続けることが出来る神経の図太さというか鈍感さというか平和ボケの日本の世紀末的な愚策には一種驚きをもって接している今日この頃である、ふ~~句読点を入れて欲しい。

 

「労@ジャー*ル」という微妙に怪しげな雑誌が送られてきた。「労働」ではないが、労働政策関連の小冊子。一度目は開けてみたが、無視してゴミ箱へ・・二度目も勝手に送られてきたが、資料請求したり注文した覚えも全く無い。しかし、宛先の隅には「整理番号」という名の送付管理番号が書かれ、「送付中止ご希望の方は整理番号をメールか電話などで知らせてください。送付中止の手続きを取らさせて頂きます。」という何とも怪しげな連絡方法が記載されていた。

プンプン匂うのでネットで検索すると、「架空請求サイト」に名前があった。かつて被害にあった人が経験談を書いていた。勝手に数冊送ったあとで高額の請求書を送りつけ、無視すればいいのに勘違いして一度払い込むと申し込み完了となり、次年度も自動継続になるらしい仕組みの雑誌のようだ。

当然不快なので、封筒に「受け取り拒否」と朱書し、「差出人に返送」を郵便局に依頼した。二度と送ってこないで欲しい。

 

それはそれで一件落着だろうが、労務とか労政とか労働とかの厚労省関連の案件は非常に厄介である。これも厚労省だが、病院勤務医の労働問題も厚労省・・・ギャップが大きい。

開業医になる前は八代某に言われるまでも無く、医師全員が勤務医として苦労している。労働基準法など無関係、有給休暇とか退職金とかも無関係、時間外手当なども無関係・・・そうして永年苦労して苦労して・・・その後で皆開業医を始めている。

 

ところが開業医の立場になると、勤務する職員の労務問題は例外なく厳しく法令順守が求められる。

 

今日は当院の三六協定の年一回の更新日、労働者代表と書面にサインを交わして労基署への提出を行った。

就労規則も同様・・・職員代表のサインを貰い労基署へ提出した後は職員の求めに従って閲覧を許可すべきものとされる。他にも必要な書類は幾つか有るが、これらを勤務医時代には医師の皆さんは熟読したことがあるだろうか? 僕は一度も眼にした事も無かった。

開業医になると職員のために・・・と詳細な就労規則を決めるが、勤務医は自分らの就労に関する大事な規則の内容を全く知らずに、あまりにも相手の都合通りにボランティア労働をしすぎてはいないだろうか?

 

もっとも、最近の研修医は月額20~50万円程度を平気でもらえるようで、月額27500円で半住み込みの僕の時代とは大違いのようだが、それでも奴隷の様に働かされるばかりでは能がない。開業医となれば、労働者の権利を守ってあげる義務が色々と厳しく要求される立場になるのだから、せめて勤務医時代には当然の権利を要求して、医師の労働環境向上を求めるのが当然ではないかと感じる。

 

勤務医 vs 開業医という八代某のアンポンタン策に乗ってはいけない。判ってますよね・・・ もう騙されませんよね・・・

 

読んでくれてどうもありがとう