Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

平均4千万円って・・スゴ

野村証券が買収した破綻企業「サラリーマン兄弟」社の社員に昨年度の平均給与4千万円を保証するから残って頂戴って頼んでるそうな・・・スゴ~

サラリーマン兄弟がそうなら、多分その他の類似企業も似たり寄ったりでしょうね。医学部教授でも年収1000万程度、奈良県立病院長でも1450万円程度という医者の世界とは雲泥の差です。ま~文系天国の麗しきニッポン・・・驚くことでは無いかもしれません。

そのサラリーマン兄弟社には素敵な笑顔の知り合いの女性が勤めてましたが、確かに羽振りは良かったですね。「医者なんか・・フン あっちむいて ホイ」の世界です。

 

しかし、金融機関へ公的資本注入をするのであれば、今後の給与は医者並にさげてほしいものです。医者って言っても研修医ですよ。さんざんマネーゲームをして楽しんで世界を狂わせてきた張本人なのに資金注入で救ってもらうのだから、清貧の生活は当然でしょう。

大体、公的資金って・・税金でしょう? 僕だって年間7000万円位は税金を払ってます(妄想~?)が、その税金が投入されてる奴らの給与の方が遥に多いなんて・・・なんか世の中狂ってます。資金援助を受けた銀行員の給与は公開されるべきですよね。

 

とにかく、大手銀行なら倒産の危機でも給与削減なし、退職金やボーナス確保なんて素晴らしき文系エリート生活です、凄いです。

 

なんか金融危機・株価暴落は、911テロ的な影響を自民党に与え始めたようです。このまま解散先延ばし、経済危機を煽って対決姿勢を鮮明にし、国民の眼を笑顔と自慢顔に引き付ける大作戦・・・ 株価回復を自分の手柄と自慢したくてしたくて仕方ないオッサンが永田町に一人いるようですね。

 

読んでくれてどうもありがとう