Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

想定外:誰かが停めなきゃなぁ

麻生総理大臣ってのは、自分の失言癖で相当捻くれた性格になったのか、相手の言葉尻というか言質を取ったかに見せかける態度が頻繁(ハンザツ)に見て取れる。変な奴だ・・・こういうのは普通は嫌われる。

『小沢代表が、民主党が協力を約束していただきましたので・・・ 採決を延ばさないと言われましたので・・・』 とか言うアレ。

それと、『私は一度もそんなことは言ってません・・・ 最初からずっと同じことを言ってます・・・』 とか言い訳がましく言うのも多いが、ホントは言ってても曖昧に誤魔化してるだけだから、嘘つきだとか 汚い性格だとかに思われて損をしてしまっている。

 

さてさて、昨今の麻生総理を取り巻く自民党の動き・・・確かに「変」である。

といっても、一言で云えば単に「想定外」なだけであって、実にシンプルな政界構造なのである。

 

結局、福田前総理も 自民党国会議員も 地方の自民党有権者も みんな、麻生太郎の政策とか 人格とか 能力とか リーダーシップとか 全く度外視して、単に国民に人気があるかもしれないと完璧に勘違いしたままに「選挙の顔」としてだけの目的で総裁選を勝たせてあげただけなのである。もともと党内の信任は厚くなく、自称政策通というだけで 党内評価は決して高くなかった小派閥の万年講師を大自民党総裁として御輿に一時的に担いだだけである。

実のところ 公明党自民党も マスコミも 民主党も 国民も 僕も、みんなが九月に国会冒頭解散するまでの一時シノギの総理大臣だと思っていたのに、選挙調査結果に恐れをなして小さな金玉が縮み上がって ホテルに逃げて バーに隠れて 臆病になって 反射的に強がって見せてるだけなのである。

そして、冒頭選挙の顔として以外に政策内容で誰も麻生太郎を推挙していなかったために、メッキが剥がれ 人気もなくし 選挙もせずに しばらく「政策」をするとなった時に、選挙用の想定外の軽量バラバラ組閣人事だったこともあり、何にも 政策的な統一も 提案も 決定も 長期ビジョン策定も 出来ないことに改めて気付かされて、自民党国会議員全てが 『こんな時期まで総理をやってもらうつもりじゃ全然なかったのに・・・ 政治なんてしなくていいから 口にチャックして黙って 小便して寝てろよ・・』 という大合唱になってしまっているのである。

 

『あんたの政策がいいと思って総裁に選んだんじゃないんだ、もう何にもするな 何にも言うな 与党税調に任せろ 創価に任せろ 官僚に任せろ・・』 というのが自民党のお寒い実情なのであろう。

「裸の王様」とか「最後の将軍 慶喜」とか「阿呆総理」とか色々世界中から揶揄されているが、僕に言わせると「想定外に延命してしまった賞味期限切れ事故米内閣」だと感じている。

自民党のお歴々は「事故米」をどう処分するのか検討中だろうと拝察するが、そろそろ腐敗臭がしてきているので焼却処分にしたいようだ。

 

誰かが早く停めてやらないと、世界危機の最中にとんでもない「政策」を口走るに違いない。誰かが力ずくで停めてやらないと・・・日本が本当に「変」になるだろう。

 

読んでくれてどうもありがとう