Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

マスコミの御用医師にはなるな

新型インフルエンザや 町田市の認知症病院の報道を見ていると 実に情けなくなってくる。確かに病院にも問題が無いとは言い切れないが、どうして役人やマスコミは誰も「現場の苦悩や限界や悲鳴」を理解しようとしないのか?

素人のマスコミは「素人の意見ですが・・」と断ってから井戸端会議をやるんならいいが、さも「非常識な医師どもめ・・」といった某国の首脳のような物言いで(誤った報道で)世間を惑わすのだけはよしてほしい。

 

さらに腹が立つのは、そんなマスコミの節操のない犯人探しに「使われている御用医師ども」の存在である。

 

タミフルを使いすぎるな』 『日本がタミフル使いすぎるから耐性が出来た』とか政治評論家が云えば、『今年はリレンザを希望しろ』 『タミフルがきかなきゃ リレンザを続けてのめ』 『両方いっぺんに飲むのが良い』と騒ぐお笑い芸人や素人司会者、そして「そうそう」とうなづきながら黒縁の眼鏡の奥で焦ってる精神科の女医・・・なんで貴様がインフルエンザの事を「医者の代表」のような顔して全国放送でしゃべるのか?

マスコミの現場こそ「医師不足」のようだ・・・

 

そうかと思えば、インフルエンザに詳しいと名前が売れてる関東地方の小児科の医師が 『なぜ、早くタミフルを発症前に予防投与しなかったのか』 『なぜ、@@をしなかったのか? もっと防げたはずだ』とか裁判官のようなことを思慮無く言うのであろう。

大都会の安全地帯の奇麗な公的病院の守られた立場で「教科書的な理想論みたいなコメント」を言い続けても 何も今の日本の医療現場の苦悩は改善しないのが判らないのか。誰だって、俺だって 現場無視でいいなら それくらいのコメントはいつでも言えるんだ。

 

先日 精神論で話題をさらった医療システム学?専門家も、公的病院の再建策を諮問されると、公務員出身?のくせして「民間譲渡がベスト・・」としか言わないし、何もオリジナルの立派な妙案がないのに、また官僚が壊したくせに 「民間へ 民間へ」と念仏のように責任放棄の答申する始末。そして、そんな専門家にそそのかされて民営化された病院は、無駄な検査を繰り返して「売上増加」に余念がない・・・あんたみたいな専門家は本当に専門家なのか?

 

インフルエンザの専門家は 本当に 社会に役に立つ専門家なのか? ただ、疾患に関して詳しいだけなんじゃないのか? 社会のこと、人心のこと、文化的なこと、経済的なこと・・・ そこまで含めて専門家なのか?

もしかして、いいように「マスコミに発言を切り貼りされて」適当に使われているだけの便利な御用医師になり下がってはいないか?

確かに黒縁眼鏡の心療内科タレント医師?がインフルエンザの話をするより100倍マシだとは思うが、影響力のある専門家が 現場の苦悩や限界を知ってか知らずか 配慮なき発言を繰り返してしまうと、「あんた 専門バ家 じゃないの?」と言い出す現場の医療関係者がゾロゾロ出てくるのではないかと 僕にとっては他人事ながらも 某国の将来を憂慮している今日この頃である。

くれぐれも「マスコミの御用医師」にはならないでほしい・・

 

読んでくれてどうもありがとう