Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

再会、30年ぶりだね・・・

学校と違い入寮式や退寮式といったものはないし、わずか一年にも満たない期間の共同生活なのではあるが、僕にとってかけがえのない セピア色の一年、それが京都駿台指定「東山南寮」での生活だった。

f:id:murasawatakehiko:20150315231852j:plain

 

東北・東京・信州・北陸・中部・近畿・四国・中国・九州・五島列島など全国各地から 志望大学に落ちた悔しさをバネに リベンジしようと京都東山に集いし同期の仲間は約40人くらいだったろうか? 個人情報保護法とやらで同窓生名簿も出来ず、連絡不可能な仲間の方が圧倒的である。 

f:id:murasawatakehiko:20150315231905j:plain

 

その東山南寮が取り壊されると知って急遽集まった我々5人は、なんと30年ぶりとなる再会を懐かしさと嬉しさと淋しさが混在した気分で夫々過ごしたことと思う。上の写真は夢多き痩せた予備校生、次は悩み多きメタボな中年たち・・・ やっと連絡は取れても仕事が多忙で参加出来ない人も少なくなかったが、それもまた良し。東山南寮の歴代同窓生は500人以上いると思うし、医師も200人以上はいそうだから、過ごした時期は違っても一緒に参加した気分で眺めて欲しい。

f:id:murasawatakehiko:20150315231930j:plain

 

僕は土曜午後の診療を16時で終えて京都に向かうはずが、終盤に患者が続いて少々遅くなり、南の島から慌てて新幹線に飛び乗り ようやく21時過ぎに寮の近くの かつて「京都パークホテル」と呼ばれたホテルに到着した。そこからは、かつて散歩コースだった京都国立博物館が見えるが、既に東京などから到着していた友人達が笑顔で迎えてくれた。

f:id:murasawatakehiko:20150315231945j:plain

 

この辺りは平安時代には後白河法皇の居住する地で、清盛建立の三十三間堂に隣接し、後に秀吉が好んだ地域でもあり、寮の近くは東山の雰囲気をよく今に残している。

f:id:murasawatakehiko:20150315232002j:plain

 

赤レンガ建築が一際美しい我らが東山南寮は、かつては村井兄弟商会の日本最古・最大のタバコ工場だった。

f:id:murasawatakehiko:20150315232019j:plain

 

この由来を記した碑は僕らが寮を離れた翌年に建立してあるので、同窓生の中には建物の由来を正確には知らなかった者も少なくなかったようだ。

f:id:murasawatakehiko:20150315232038j:plain

 

f:id:murasawatakehiko:20150315232059j:plain

僕らが過ごしていた時には「関西テーラー」という衣服関連の問屋さんが一階で営業してあり、併せて寮のオーナーでもあった。

f:id:murasawatakehiko:20150315232118j:plain

 

6月の京都新聞の報道を読んで 取り壊しに間に合うか心配だったが、やはり間に合わなかったようだ。中年男性がゾロゾロとカメラを手に解体現場に行くと、怪しげな団体関係者が「取り壊し反対運動をしにきた」と誤解されたのであろう、現場監督や近所の住人がジロジロと警戒の眼差しを向けてきた。そして少し言葉を交わした・・・

f:id:murasawatakehiko:20150315232135j:plain

 

我々が「昔ここに住んでいた」というと住人だと勘違いした様で、まさか予備校寮の住人だとは普通は想像しないだろう。今度の京都行きも家族や知人には「変な趣味」に思われたかもしれない。

f:id:murasawatakehiko:20150315232201j:plain

 

四方を厚いシートに覆われ、中の様子は残念ながら伺いしれなかったが、友人が3月に たまたま撮影した「寮の入口付近の写真」があった。自転車を置いて左の鉄の階段を上り、昼なお暗き寮へ安っぽいガラスドアを通って毎日を過ごしたが、僕ら自身には予備校生に付きものの暗さなど微塵もなかった・・・としておこう。階段の上の物干しテラスから眺めた東山連峰の姿が眼を閉じると今も見えてくる。

f:id:murasawatakehiko:20150315232216j:plain

 

まるで廃墟の様な錆つき具合であるが、「当時のまま」に見えてしまうとことがなんとも物悲しい。考えてみれば当時でも建築後70年くらいたっていたのだから・・・

f:id:murasawatakehiko:20150315232238j:plain

 

f:id:murasawatakehiko:20150315232255j:plain

その今はシートで覆われて見えない入口へ毎日歩いた東側の狭い道とレンガ塀は その日も何とか残っていたが、もうすぐ全てが無くなってしまうようだ。

f:id:murasawatakehiko:20150315232317j:plain

 

そのレンガ塀の小道を出て毎日?通った銭湯「松の湯」は今も営業を続けていた。時間が許せば入ろうかと思ったが、昔を思い出して「女湯を覗いて人生を終わらせる」わけにもいかず、またの機会に取っておくことにした。そして、銭湯から寮に帰る道すがら眺めた寮の屋根越しの東山連峰の姿・・・とっても好きな眺めだった。

f:id:murasawatakehiko:20150315232336j:plain

 

もう、二度と「老人ホーム」に替わるこの場所には来ないかもしれない。税務署しかないので尚更だ。ただ、なんとなく京都の実家が取り壊されるような気分で、感傷的になりながら30年ぶりの友人たちともホテルの玄関で再会を誓いながら別れた・・・

 

PS) どなたか、「内部の写真」をお持ちであれば ぜひ頂きたいのですが・・・ よろしくお願いします。

 

読んでくれてどうもありがとう