Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

皆既日食 前夜 : ドキドキ

明日は晴れるだろうか? 晴れたらいいな、晴れなくてもいいけど・・・

明日の午前11時頃、患者さんが来ないと良いな・・・ スタッフ皆で庭先に出て空を眺めたいな・・・

どれくらい暗くなるのかな? ちょっと遠足前の小学生の気分、やっぱりテレビじゃなく、周囲がどの程度暗くなるかは外に身を置かないと判らないよね。

皆既日食と云うのは欠ける太陽を見ることが目的ではなく、欠けた太陽によって暗くなる雰囲気こそが全て・・・写真やTVでは意味がない。

 

『じゃ観にいけよ・・』と言われても借金付けの貧乏開業医が行けるはずもなく、実際に見に行く自由な人々をTVで眺めて、とことん嫉妬してしまう・・・ ああ仕事なんて嫌だ、金より自由が欲しい、オヤジは怒って天岩戸に隠れるぞ・・・と心の中で叫ぶが聞いてくれる人はいそうもない。せいぜい、明日その時刻にKYな患者が来ないことを祈るしかないようだ。

 

さて、実際のところ「どの程度暗くなる」のであろうか? 昔、部分日食を小学生の時に観たが外の明るさには全く変化がなかった。もちろん、あれとは全然違うだろう・・・皆既日食なんだから。

   曇り空くらいか?

   雨の日くらいか?

   夕方の日没後くらいか? 

   本を読めるくらいか?

   満月の夜くらいか?

   映画館の中くらいか?

   満点の星が見えるのか?

   それとも・・・やはり気がつかない程度か?

   それだとガッカリだなあ・・・

まあ、感想は場所や天候や、あるいは見る人の精神状態にも左右されるであろう。

わざわざ高いお金を払って大陸にも島にも洋上にも出て行く日本人たち・・・実にウラヤマシイなあ

 

かつて卑弥呼が死ぬ248年頃に皆既日食があったという。それを卑弥呼が観て禍の印として殺されたとすれば、どこで日食が生じたかを今回の様に天文学的に計算すれば卑弥呼の住まい(邪馬台国)の大まかな場所がわかるハズ

・・・と色んな人が僕と同じ様に考えたようだが、どうも1000年を超えると地球自転スピードの揺らぎ・変化などの要素が複雑すぎてスーパーコンピューターでも九州説と大和説すら区別できないほど曖昧なものらしい。なあんだ・・・その程度か?

 

そう考えると1000年先の地球や人類の姿・運命などは全然予想できないわけで、100年後の地球温暖化が本当に起こるのか氷河期に向かうのかすら本当は分らないままに人類は無駄な努力をしているのかもしれない・・・

 

それにしても時間とお金が自由になる人々がうらやましくて羨ましくて・・・嫉妬で気が狂いそうになる日食前夜、少々ドキドキしている。

 

読んでくれてどうもありがとう