Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

マニフェスト:補足

昨日でしたか、僕のマニフェストを発表させていただきましたが、少し補足しておきます。

僕のマニフェストの最大の特徴は「少子化容認」と「質素な生活」だろうかと思います。それは、世界とか地球規模の少子化容認というのが本意です。

僕は平凡な開業医師として目の前の患者さんの将来も毎日考えていますが、その数十倍も世界や地球の将来を考えています。そして、地球の将来を非常に憂えています。

その最大の理由は「地球の人口爆発」です・・・・

 

地球温暖化は人口増加が相当に関与しています。省エネ技術がどれだけ進もうが、人口増加の影響を消すことはできません。人間の生活の至る所にCO2排出が関係してきます。インドや中国では今後物凄い勢いでCO2排出が増えていくことでしょう。もちろん、僕は人口増加だけが地球環境を変えるとは思っていません。

過去の2度の地球の全球凍結の歴史や、繰り返す氷河期の歴史、さらには過去の全地球規模の超高温状態などが生物の破滅と進化に影響してきました。現在言われている地球温暖化などは変化のうちに入らないくらいです。

 

このような(想定される軽めの)地球規模の気候変動が生じた際に我々人類が生存していくためには、僕は3つのことが必要と考えています。(全球凍結では無理ですが・・・)

 

1)人類の生存を容易にするあらゆる科学技術の進歩と普及

2)生産可能な、捕獲可能な植物性・動物性食糧と飲料水の量と人口のバランス

3)生存可能な地球上の場所への移動が容易であり、その地域での人口密度が適切であること

 

あ~、とうとう書いてしまいました。これが、真の「不都合な真実」です。別に今すぐ生じる危機とは考えませんが、地球規模の人口を論じていますから、対策は既に開始されていてしかるべきです。

この解決のためには、「国境とは何か?」とか、「適正人口とはどれくらいか?」とか、「民族と国民の違いは?」とか、「国家とか、領土とは?」とか、容易に国際紛争が生じかねない数々の問題をクリアしていかねばなりません。

 

国連がどれだけのポテンシャルを秘めているか? そして、変わるべき国際機関の設立が可能か? などなど、日本が一国で考えうる課題は少ないですが、既に少子化を開始している国々が知恵を出し合って、現在も人口爆発を続けている国々、公害をまき散らしている国々、人間を輸出し続けている国々へ「どう地球で人間は生き残るのか?」という課題を共有していくように発言を繰り返していくべきです。

もちろん、戦争や疫病や貧困で人口が減る事態は避けるべきです。そして、経済優先で人口を増やす国々も考えを改めるべきです。すべての国々が協力し合って対策を出し合い、食糧生産量を増やし、将来的に居住可能なエリアを選考し、それに見合う適正人口にしていくために何をすべきか・・・? これこそが、人類に与えられた最も大きな命題と僕は今考えています。

 

そういう意味で、日本の少子化対策は近視眼的で、中国やインドなどの国々は地球規模の視点を持ってほしいと思います。

温暖化が進行すれば、ロシアや カナダや アラスカや スカンジナビア、そして チベットや ネパールなど 現在の低温地域の開発と居住エリアを他国の人類に解放・提供していくことが必要になります。亜熱帯に多くの人口を抱えるインドや インドネシア、そして日本も今後は「移動の自由」が必要になってきます。しかし、半世紀程度では無理な相談です・・・

 

そのためには、「地球市民」という観点が必要になりますが、全部ミックスすればいいというわけではありません。民族のDNAや民族の文化継承も当面は大切な要素で、積極的な混血は全く望みません。

現在の地球人口はどれだけでしょうか? 70億人程度ですか? 僕が小学生の時は36億人と習いました。今後の地球規模の気候変動に、人類が移動しながら生存していくためには、あらゆる科学技術の進歩があったとしても10億人とか20億人とかいうレベルではないでしょうか?

 

僕は毎日毎日たった100人未満の人々の健康しか対応できない医師にしか過ぎませんが、森・小泉・安倍・福田・麻生・鳩山・中川さんなど国際社会の政治の舞台で活躍する政治家の皆さんは、実は人類の将来の運命さえ握っているのです。酒飲んで酔っ払ってる状況ではないのです。

そういう意味で僕は「政治家」になりたいと思っていますが、総選挙に注目していても僕の様なマニフェストを掲げる候補者は当選しそうもない、と立候補する気も起りません。

 

せいぜい、アラスカや アイスランドに土地を買い、狩猟や漁業や農業の知識を今のうちに勉強しておこうと考えています。医師を引退後は、亜寒帯地方と北極圏を「カリブー」のように移動しながら暮らしていこうと思います。

 

さて、明日投票に行ってきます。投票日が過ぎるまで、もう総選挙の話題には触れないようにしようと思います・・・

 

読んでくれてどうもありがとう