Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

医療従事者への感染

国内死亡4例目の名古屋、3例目の名古屋もそうでしたが、全国の医療従事者、特に看護師や研修医の(Aメキシコ型)新型インフルエンザへの感染が秘かに増加しています。当然と言えば当然ですけどね。まあ、若いし日頃は健康なので大事には至っていないようですが、自宅待機・安静療養などで勤務先の病院もスタッフが不足して大変な現場の状況でしょう。

かく言う当院にも医学部の6年生が新型第一号として来院しました。医学部内で(臨床実習の現場でも)流行ってるということで、『医者の卵のクセして健康管理の意識が足らんぞ、もうじき患者に予防を指導する立場になるのに全く自覚が足りないな』と、フラフラしている相手に向かって無料で教育をしてさし上げました。さぞ、患者の気持ちを理解しない怖い医者と思われたことでしょう・・・

 

さて、昨夜の国谷裕子キャスターの居ない「クローズアップ現代」で、東京の医師が子供にインフルエンザ判定キットを使用している映像が出ていました。患者も親も看護師もみんなマスクをしていましたが、医師だけマスクをせずに喉に面貌を突っ込んでました・・・勇気ありますね。

 

結果は陰性だったし、「発熱=新型」ではない・・ということを強調したい場面のようでしたが、当院では患者の喉や鼻に検査用の綿棒を突っ込む時にはサージカルマスクに加え、顔面を覆う透明シールドをして対応しています。(もっと高級マスクを持ってますが高額なのでもったいないです) 更に手袋と、時には防護ヘアキャップを装着します。看護師の傍にはシャープの「プラズマクラスター発生器具」を置いています。そして、検査自体は医師ではなく、また診察室内ではなく換気し易い広めの部屋で看護師が対応します。

人間ですから医療従事者も感染するんです・・・医師も感染します。

 

開業医は死んでも休めません・・・死んだら閉めるだけです。

不本意ながら看護師さんに充分な防護体制を取った上で患者に向かってもらいます。もし感染したら「自宅待機」をお願いします。僕が感染して自宅待機が出来ればいいですが、透析患者もいますから、代わりの利かない医師の感染のリスクは極力減らしたいと思っています。看護師やスタッフも、僕が感染して給与が支払われなくなる心配をマジでしているようです。

 

僕は現在の政府(マスゾエ)の対応が大いに不満です。「弱毒性」にしては騒ぎ過ぎ、「強毒性」の予行演習にしては無策過ぎだと思います。

先進国が予防注射を発展途上国側に供給すべき時なのに輸入を画策するとは・・・いつから日本は医療分野でも没落したのでしょうか? 与党も厚労省官僚も大臣も情けない限りです。あの馬鹿野郎な大臣は選挙しか頭になくて全てが後手後手、やはり現場の人間が指揮をとるべきです。なぜ僕を会議に招集しないのでしょうか?

 

全ての対策は、「今回はこの対策・方法で行くが、強毒性の場合には異なる対策で行くからね・・」とスピード感を持って対応すべきです。

 

5月の初期対応で隠蔽体質を批判された某政令指定都市では「クラスに2名患者が出れば学級閉鎖とする」という指示を出したそうです。この秋から冬にかけて、もしや長期に学級閉鎖をする気なんでしょうか? 冬には新型と通常型の両方が流行しだしますから、両者の迅速な区別が難しい状況では簡単に3月まで学校閉鎖になることでしょう。

そんな状況で、来年の入学試験とかどうするんでしょうか? 勉強しない人は別ですが、入学試験は人の一生を左右しますよね。過剰な学級閉鎖の基準を行政が今頃示しては冬には大混乱です。それと、タミフルの安全宣言もさっさと出してください。

 

今回の場合には夏前に既に「全ての医療機関で診療する」という通常型と同じ対応を決定した政府方針ですから、それに応じて、もっと現場の負担を軽くするような楽な対応で行く方がいいんじゃないんでしょうか?

医療従事者が感染して勧告通り「自宅待機」を始めたら・・・すぐ医療現場はパンクしますよ。

今回程度なら今までのように、「タミフルをこっそり飲みながら、気力で頑張れ・・」としておく方が僕としては楽ですね。若い医師はどうか知りませんが、僕らの世代の医師は馬車馬のようにガンガン働くように育てられてきましたから・・・

 

ただ、腹が出て歳をとってくると、その体力も気力も精力も、患者やマスコミからの度重なる「医療バッシング」と「医療費削減政策」には負けてしまいます。「せんせい様、あんただけが頼りじゃ、頑張っておくんなさいまし」と頼まれると、素直に「よっしゃ、寝ずに頑張るぜ・・」となるんですがね・・・

 

読んでくれてどうもありがとう