Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

流行予測だって: 暗いなぁ

今回の新型インフルエンザは今が流行開始の2週目で、10月中旬をピークとし、19週目で終息するそうですね。人口の20%、約2500万人が発症し、3万人以上が重症化とか・・・最大で1日に76万人が新規に発症し、医師も看護師も発狂するそうです。

そうです、こんな流行予測では発症しなくても発狂します・・・特に、当院の様な透析施設は・・・「重症化パニック」の様相かもしれません。

 

でもですね、19週目で本当に終息するとして、その12月には通常型インフルエンザの流行期に入りますよね。つまり、新型の流行期から連続して通常型の流行期・・・どちらもA型、もうPCRなんて保健所はやりそうもないから、どこでどう新型と通常型の端境期が出来るのか普通は分かりにくそうですね。治療法も同じだし・・・終息なんてしませんよ。

先日、「クラスに2名の患者で学級閉鎖が基準」とする某政令都市のことを書きましたが、他にもたくさん真似し始めてます。このような流行予測だとしたら、「9月中旬から3月まで連続休校」という悪い冗談がホントになり、「失われた2009年」ということになり、年明けの入学試験をどうするか?という問題が現実のものになります。特に、大手学習塾の特訓合宿なんて・・・まさにギャンブルです。来春の受験生を抱える親御さんたち・・・リレンザの仕込みに奔走するのでしょうか? うちは昨年でしたが、少々お気の毒です。

 

予防注射も非常に微妙ですね。糞大臣のおかげさまで10月中旬をピークとする流行には間に合わないわけですね。通常型のワクチンを減らしてるようですが、既に予約は過熱気味ですから・・・プチ・パニックの様相が見えてきました。

 

これは民主党政権の最初の試練ですね。喜んでいるばかりではありません。厚労省の糞大臣と与党か野党か分からない政権の強烈な「置き土産」・・・【新型インフルエンザ流行期と史上最大の失業率】・・・次の厚労省大臣はイキナリ台風到来ですね。組閣する余裕はあるんでしょうか? 年金の長妻ですか? 大丈夫ですか? 首相補佐官に僕の様な有能な医療関係者を数名抜擢して、これから数年間の「新型インフルエンザとの闘い」に備えましょう。「特命インフル大臣」は匿名ブロガーの僕がやりましょうか?

 

病院や診療所には患者が殺到し、医療関係者は20%どころか50%の発症率となりそうですが、それでは外来も入院も手術も出産も透析も・・・まったく回りません。

開業医は職員が発症して休んで混乱でパニックになって発狂して廃業して廃人になって廃棄されてしまいそうです。残るのは「多額の借金」だけで、生き残っても借金地獄で生き地獄・・・死んだ方が良かった、と思うかもしれません・・・

 

本日は落ち込んでます・・・ 覚醒剤には手を出さないぞォォォ

 

読んでくれてどうもありがとう