Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

スイスで感染?

夏休みに縁がなくなって久しいが、代わりに楽しんで(ついでに勉強して)欲しいと中学生の娘を スイスのサマースクールに送り出した。レマン湖の畔の小さな田舎街の少々羨ましくなるような学校・・・素敵な全寮制のスイスらしい学校だ。

f:id:murasawatakehiko:20150922105143j:plain

 

ちょうど新型インフルエンザがスイスでも出始めていた8月初旬、旅立つ娘のスーツケースに念のためと「リレンザ」を忍ばせた。他に想定されそうな症状に合わせて少し薬を持たせたが、これまで彼女は海外旅行先で病気にあまりなったことがなかった。だが、なんとなく今年に限って海外で新型インフルエンザにかかるかも?と変な予感がして、ましてや体調不良を自分で充分に説明出来ないだろうし、授業へ出席停止だとか強制帰国とか・・そんなのも不憫だし、あくまでも念のための気持ちだった・・・

 

19日間のスケジュールも丁度半分が過ぎたころ、日曜日の朝6時前に、突然僕の携帯がなった・・・スイスにいるハズの娘からだった。

娘は海外からの「メール」も高いからと遠慮していたくらいだから、そんな時間にイキナリ「電話」がかかってきたことに驚いてしまった。そして内容を聞いてドキドキしてしまった。傍らには美しい妻が寝ていたが、電話の後は二人とも興奮して眠れなくなってしまった。少し前まで仲良く起きて夜更かししていたのに・・・

 

『自分のクラスにも別のクラスにも何人も高熱の人がいて、日本人も数人が39度くらいあるらしい。咳をしてる人も多くて、でも授業は普通にやってて・・・ みんなナースに相談に行ってるけど、日に日に高熱の人が増えてるみたいなの』

「えっ??? それで、あなたはどうもないの?」

『ちょっとゾクゾクして、鼻水が出て、さっきから喉が痛くて、少し心配になって・・』

「ウソっ??? 寮の同室の子はどうなの?」

『彼女は大丈夫みたい。でも、寮内にも何人も高い熱の人が居るの・・』

「そりゃヤバいなぁ 恐らくインフルエンザだろうなぁ ナースは何て言ってるの?」

『インフルエンザじゃないからって・・・、普通に薬をもらって、もう治ってしまった人も何人かいるみたい・・・ でも心配で、電話してみたの・・』

「そうかぁ じゃ、よく聞け パパを信頼してくれ  それは多分、新型インフルエンザだろう  もう移ったみたいだね  リレンザの箱を開けてごらん  使い方を教えるから・・・・(説明)  それから、明日からはマスクをするんだよ  同室の子にリレンザを使うところを見られないようにね、心配するだろうから  わかった?? まさか覚醒剤と勘違いはしないだろうけど・・』

「わかった。でも、誰もマスクをしないから恥ずかしくて・・」

 

f:id:murasawatakehiko:20150922105156j:plain

そうして名医による遠隔治療の効果があったのか、彼女の体調は翌日にはかなり改善して、高熱を見ないまま数日で完全に良くなったようだ。もし具合が悪くなればナースに相談しなさいと言っておいたが結構早く治ったようだった。

でも、その数日間、早朝5時くらいに定時メールを送ってくるので、朝に弱い僕は診療時間中に眠たくて眠たくて・・・心配してる暇も無いほど眠たかった。でも、やはり英語で体調不良を充分に言えないだろうし、心配で眠れなかったのも確かだった。妻は僕よりもっと心配だった様子だ。

 

帰国までの期間に再燃しはしまいかと学校の生徒たちの状況も遠い日本には伝わらず心配だったが、リレンザのその後の予防投与はしないままに帰国に日を迎えた。結局、3日間(2日分)しか使わなかったようだ。帰国までの もしもの使用量を計算しつつ温存していたようだった。

 

f:id:murasawatakehiko:20150922105206j:plain

上の写真は学校内の消火栓だと思う・・・遊び心があって素敵なデザインだ。

そんなこんなでスイスの新型インフルエンザ大流行を乗り切って、娘は異国の地の興味深いものを写真に沢山写して留守番の僕に見せてくれた。お陰で僕も夏休み気分を満喫できた・・・少し心配しながらだったが。

 

でも、サマースクール側の判断も難しかったと思う。日本みたいに判定簡易キットなんてめったに使用しないだろうし、医師の診断を仰ぐのは普通じゃないんだろう。ましてや、学校閉鎖して全員帰宅しなさいと言っても欧州以外の生徒には不可能で、高い料金をもらってる以上簡単には閉鎖出来ないだろうし・・・

新型インフルエンザに対する日本と外国の考え方の違いが垣間見えて興味深かったサマースクールだった。

 

読んでくれてどうもありがとう