Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

空間的分離大作戦・・・失敗かも?

大袈裟なタイトルでゴメンナサイ・・・

厚生労働省お役人様ご推薦のもう一方の秘策である「時間的分離大作戦」は多忙な医師団一人の医療機関では不可能ですから、先日から「空間的分離大作戦」に奮闘中です。もちろん、厚労省のお役人様から必要経費は出ないようです。来年の予算に半分出すとか言ってますが、遡っての補助金はありませんから、実質は「自分で自腹を切って世間に御奉仕しなさい」という精神的圧力に他なりません。

そんなことばっかりやるから医師のうつ病罹患率や自殺率、さらには平均寿命が短くなるのに、肝心の厚労省の大臣も馬鹿野郎のパフォーマーだからカエルの面にションベンです・・・

 

さてさて、そんな戯言はこの辺にして、例の「空間的分離大作戦」です。

当院には超ハイリスク群の透析患者さまが毎日毎日昼も夜も祝日も来院されます。そんな透析患者さんに新型インフルエンザがうつると困ってしまってワンワンワワンです。ですからスタッフ一同一日中ピリピリして、男性職員の髪は薄く輝き、女性職員の髪は白く輝きます。

しかし、世間には当院が透析施設であることを全く御存じない人々が無茶苦茶たくさんおられ、特に高熱でうなされてる新患さんたちは「人気のMクリニックに行こう・・」とマッタリと来院されます。で、受付嬢が・・・慌てふためいて対応開始するわけです。笑顔はマスクの下に隠れてますから、眼ジカラが大切な要素です。

 

当院の基本方針は以下の通りです。

受付時点で新型否定できない患者はまず自動車内で待機してもらいます。自動車で来院してない場合には(後述しますが)裏口(第三入口)に誘導します。

看護師が問診しに自動車に出向きます。新型感染が怪しい場合には、車内でそのまま簡易キット判定をします。問診結果を医師(僕)に伝え、特に指示がなければ判定が出るまで車内で待機願います。陰性であれば第三入口に誘導して診察を待ちます。陽性であれば、ずっと車内に隔離します。この場合、医師の診察は自動車の窓越しからとなり、処方も薬剤師が自動車に出向きます。点滴希望でも余程でないとせず帰宅を促します。

 

さて、看護師の問診で新型の疑いが少ない場合、また簡易キットが陰性の場合、高熱患者を第三入口に誘導します。(ちなみに第一入口は通常外来用、第二入口は透析患者専用です。スタッフは、全部をテキトーに利用します)

 

第三入口は自動ロックで勝手には入れません。まず、貧相な風除け室があって、貧相なドアを抜けると、飾り気のない物置スペースとなります。そこの女子更衣室に侵入したい欲望を封じ込めて進むとドアの向こうに(表の顔の)元検査室が現れます。今や時代遅れとなった検査機器に見守られるスペースこそが当院の発熱専用外来(診察室)です。

ここは通常の診察エリア側からみると、受付>待合室>処置室>検査室>と進んだ先のスペースですから、普通は患者さんは誰も行きません。念のため、その検査室と発熱専用診察室の間に新規にカーテンをつけました。

これで一応は「通常患者」と「透析患者」と「発熱患者」の三群の動線が完全に分離されたことになります。その境を移動するのは(驚くことに)僕らスタッフだけです。

ただ、僕らが移動してウイルスを伝搬するリスクは常にありますが、着てるものを(僕はいいですが)女性スタッフに境界で全て脱げ、とは強制できませんし、防護服を移動毎に廃棄すると破産が待っています。ですから、何気ない態度で境界を越えます。ルビコン川?を渡ってしまいました。

 

でもですね、政府や専門家は「新型を診断したらタミフルなどを処方して帰宅させよ」と指導してますが、凄く体調が悪そうだったり、基礎疾患のある高齢者だったり(今日はこれが多かった)すると、やはりレントゲン写真撮ったり、点滴したりと医師としては考えるわけです。オシッコしたい患者もいます。しかし、発熱専用診察室にはレントゲン室も点滴室もトイレも無いので、一般患者スペースに移動しなきゃいけません。患者さんには申し訳ないですが、その間は息を止めてもらいます・・・・冗談です、死にます。

 

今の時期はまだまだ該当する患者が少ないので笑って書いてられますが、冬のシーズンはどうするんでしょうか? いっそのこと、青空の下で外来をした方が余程ハイリスク患者を守れます。「当院は全ての発熱患者を外で診察します」と宣言すれば、新型インフルエンザの患者が来なくなってなお良いかもしれません・・・・冗談です、マスコミに袋叩きにあいます。

 

困ったものです。空間的分離とか時間的分離とか・・・出来るはずはないのに、誰が指導してるんでしょうか?

 

ああ、そうそう・・・ 診察が終わると第三入口が出口になって、患者は自動車内に再び待機してもらいます。処方もそこに職員が運びます。そして自動車に職員が会計清算に行きま・・・ あれ?もう自動車がなくなってる・・・ドヒャア???

 

読んでくれてどうもありがとう