Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

私は優先的ですよね・・・?

ここ最近の合言葉、「先生、私は優先的ですよね・・・?」を一日に何度聞かされるのであろうか? 恐らく、一日に20人は下らないようだ。

透析患者や慢性呼吸不全の方はほとんど聞いても来ない、当然と思っているのかどうか? 恐らく遠慮深いからだと思う。聞いてくるのは、なんと言っても糖尿病や心臓病の方々が多い。と言っても、比較的中等度以下の、むしろ軽症で安定していて入院とは無縁の人々が多い。確かに糖尿病で、確かに心臓病ではあるが、口も身体も達者な人々が目立つと感じる。

マスコミが、「糖尿病や心臓病などの持病を持つ人」を優先する旨キャンペーン中なので当然の感情なのであろうが、種々の合併症を持ちつつコントロール不良で腎不全まである重症糖尿病や、予後数年以内が確定的の重症心不全の患者は医者に聞く元気もあまりない。元気な人だからこの生きたい願望が強く、「私は優先的ですよね・・・・?」と繰り返し聞いてくるようだ。

その都度、「あなたの糖尿病や心臓病などは重症ではなく、治療で安定もしているので優先的ではないでしょうね」と説明するが、「えっ? でも、私には糖尿病があるんですよ・・」と、糖尿病患者は物凄い免疫不全の弱者認定がお好みなのだろうか?と疑ってしまう。

 

今回の新型インフルエンザ、こんなに軽症なのに、国民を恐怖の「優先選別」志向に陥らせる煽り方はなんなんだ? これじゃ、強毒型の場合にはワクチンの取り合い、殴り合い、殺し合いがマジで起こりそうだ。高値・闇値売買は日常茶飯事になるであろう。日本人はもっと譲り合う心を思い出すべきだ。日教組は何を教育しているんだ?

 

で、「先生、私は優先的なんですよね・・?」と可愛い事務の女性が聞いてきたが、あなたは多分違うんだよね・・・

もしも超可愛い、超美しい女性が「先生、私は・・?」と聞いてくれば、「僕のワクチンを回してあげるよ・・」とか、「先生がコッソリ注射してあげるから、後で部屋に来なさい・・痛くしないから・・」とか自分が言いそうで怖い・・・な~んちゃって、ウソです。

 

でも、「優先選別」・・・いまどきの日本人には許容できるのであろうか?

 

読んでくれてどうもありがとう