Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

女医さん志望ですか?

今日の検診受診の女性の傍らに2歳位の女の子・・・

お母さんがレントゲン撮影をする際も決して離れません。ポジション設定をしてるのもジッと眺めて、部屋を出たがりません。看護師が、『この子、医者志望だそうです・・』と教えてくれた。まだ言葉がやっと出る程度ではあるが、なるほど他の子供より医療に興味がありそう・・・??

心電図、レントゲン写真、検尿、採血・・・一通りの手技を眺め勉強して、検査準備完了とともに女の子は母親と一緒に診察室に入ってきました。まだ3歳前だし、多くは理解できないだろうが逆に恐いこともある。そう、聴診の際だ・・・

 

家に帰って父親に、『ママのおっぱいをお医者さんが触ってたよ・・』と帰宅して言いはしないか?

最初は母親のやや後ろ斜めにいた子供が聴診時にだんだんと母の前に回り込んで僕の手が母親の胸に触るのをジッと眺める。もちろん僕の手には聴診器が握られてはいるのだが・・・

あんまりジッと凝視するので、僕は女の子の耳に聴診器を当てがって、女の子自身の心臓の鼓動を聞かせてあげた。

 

その瞬間、女の子の顔がパッと輝き、その日ずっと緊張していた顔に笑顔が宿った・・・『ねえ、聴こえるの?』

繰り返しうなづく少女に『ねえ、君は女医さん志望なんだってね?』と声をかけてあげると彼女はニコッとはにかんだ。まだ、2歳か3歳だろうから、この日のことを将来覚えてはいないだろうが、いつの日か少女の志望がかなうといいな・・・と思いながら一日を過ごせた。

 

読んでくれてどうもありがとう