Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

雑用で明け暮れた連休

今度の連休、この辺は天気が良くて皆さん良かったですね。僕も五連休とは行きませんでしたが、なんとか日曜日は遊べました。

でも、高速道路も行楽地もどうしてあんなに人が一杯いるんでしょう? 少子化かもしれませんが、人間が日本には多すぎです。税金ばら撒いて遊んでもらっても将来の日本は暗いでしょう。どんどん税金を(もらうより多く)納める人が増えていけば良くなるでしょうけど。

鳩山さんの提唱した「東アジア共同体」・・・中国は歓迎の意向のようですね。当然でしょう、「中国帝国のアジア完全制覇は元の時代以来の大目標ですからね。あくまでも中国が中心となった「東アジア共同体構想」ですし、倭国が金持って朝貢してくれれば、夢に見た中華帝国が完成します。そして世界の覇者に・・・

 

まあ、悪夢を語るのはこのくらいにして、土曜も月曜も火曜も水曜(今の時間)も院内で太陽の日差しを浴びることはできませんでしたが、数名の外来患者さんと定期的な透析患者さんと定期的な通所介護の利用者の皆さんのお役にはたてたようです。時折来院されたり電話された患者さんは「あれ?今もいるのかね?」と驚かれますが、驚くくらいなら電話しなきゃ良いのに・・とも感じます。

でも他の病院の先生も、全国の透析医の先生も同じなんですよね。今日もシャントトラブルの患者さんの緊急対応を某病院の先生にお願いしました。祝日でも素早い対応で感謝申し上げます。

 

さて、外来が来ないときは雑用です・・・

 介護保険の意見書がたまってました。

 生活保護患者関連の書類が色々とたまってました。

 学生の心臓検診の書類がたまってました。

 企業検診の精査報告がたまってました。

 例の新規事業の申請書類作成が無茶苦茶たまってました。

 介護職員待遇改善補助金申請書類がたまってました。

 紹介状書きが何枚もたまってました。

 その他、とにかく色々とたまってました。

 

そんな雑用で忙しいのにブログを書いて不謹慎ですが、ちょっとくらい憂さ晴らししても良いでしょう・・・

残念ながら書類の雑用は他の人には任せにくいんですよね。特に、職員の給与とか経営とか新規事業とかになると代表者が黙々とやるしかないんですよね。

それにしても、各種の行政への申請書類とか補助金関連の書類とかどうしてこうも複雑で難しい日本語なんでしょうか? 僕の日本語能力では理解不能で申請を断念したくなります。申請は患者さんとか職員のためと思ってますから止めても僕は困りませんが、なんかやりだすと止まらないんですよね。苦しいけど書類書きに「ハイな気分」になるんですね。

 

天気のいい秋の連休を書類書きの雑用で完全に潰されるなんて・・・

でも、新規開業をしてた12年前やデイサービスを開設していた6年前を思い出しますね。また、6年目の書類三昧・・・懐かしい苦しさですが、通らねばならない苦しさです。信頼出来る有能な事務長とか雇える金があれば楽なんでしょうが、うちは僕一人で何でもかんでもやりますから少々大変な状況です。

 

明日からの患者殺到・・・前夜ですが、早くも憂鬱な気分です。

 

読んでくれてどうもありがとう