Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

ヤッチャッタ・・・

ちょっとインフル・ネタにも飽きて来ましたが、現場はますます混乱です・・・そう、新型インフルの現場です。

 

今日は午前中、随分と悩みました。

忙しかったんです・・・午前中の3時間の診療時間中に46人きっちり診察しました。と言っても無理なので4時間かかりましたが、平均5分10秒でした・・・原の糞ルールの「5分以上」はOKですか・・・? 

でも、その中に5人の新型インフルエンザ疑い濃厚の患者が混ざっていました。それで、例の第三出入口経由の秘密の部屋での診療を慢性疾患の高齢者の合間合間に行うのですが、新型インフル患者の診療直後に腎不全や心不全や呼吸不全などの患者を診るので困ります。いちいち、完全防護服に着替えて一回一回廃棄なんて時間も金もありません。

でも、移したくないんですね・・・ウイルスを。

新型の患者さんの多くは一見さん、別にここじゃなくても診れるんですけど、待合室の患者さんは定期受診の方々・・・僕を頼ってきています。そしてヨワヨワしい老人が多いです。

 

今日初めて、もったいぶって隠していた防護ガウンと顔面防護シールドを使用しました。待合室の患者さんが、奥の方で黄色い防護服に身を包んだ僕が秘密の部屋に入って行くのを目撃して不審な眼差しで見詰めます。でも、僕はスペースシャトルの乗員みたいに笑顔で手は振りません・・・新型患者が直ぐ壁の向こうにいるなんて・・・言えません、いや言ってもいいですけど。

診察後は例によって急いでガウンを脱ぎ棄て、手を洗い、顔を洗い、鼻の穴を洗い、ウガイをして、髪の毛はプラズマクラスターに吹かれ、メガネを拭いて、ボールペンと聴診器をアルコールで拭き、診察室の換気扇とプラズマクラスターを最強にし、首筋を濡れ紙タオルで拭き、診察机に座って深呼吸をして・・・・次の患者をいつもの雰囲気で呼びいれます。

僕の新型インフル診察の作法・・・ちょっと、数名で限界です。やはり、一人の診療所で専任医師や専任看護師が居ないと流行時には無理ですね。

 

で、本題はこれからです。

例の「電話診察とFAX処方」というのがありますよね。厚労省の推進する「無診察タミフル処方」のことです。

条件としては、1)過去に発熱で診察歴があること 2)患者からの電話で話を聞いて判断すること だけだったでしょうか? いかにも簡単な条件ですね。話を聞いてタミフルの処方箋をFAXで流して、医療機関の待合室での感染機会を減らすこと・・・・が目的の迷案です。

普通なら、こんな糞通知など知るもんか・・・と無視して医療の基本を守って診察後に処方するので当院は一部の「薬だけくれ」患者に嫌われるのですが、今日はとうとう・・・ヤッチャイマシタ。

 

娘さんが三日前に高熱で他院で検査・・・陰性でタミフル処方せず、いまだ高熱状態。当院かかりつけの父親が昨日から高熱状態で本日受診し、検査は陰性。診察では相当怪しい感じ。そして・・・時々発熱などを診療したことのある奥さんが今朝から高熱で・・「ダウンして病院まで来れない」という。

一家三人がそろってインフルエンザ様の高熱・・・奥さんは自宅で寝ていて、夫から・・・「妻の分も処方してもらえませんか?」と聞かれた。

 

電話再診ではないけど夫から直接話を聞いたし、夫と子供の検査は陰性だけど厚労省は検査結果を無視して臨床症状で判断して早期処方しろと勧めてるし、FAX処方ではないけど処方箋を手渡し出来るし・・・ 奥さんは家で寝込んでいて、往診にも行けないし、他の病院に行けともいえないし・・・

夫は「先生の立場上、やはり診察せずに処方は出来ませんよね・・」と言うものの、厚労省の通達から考えると・・・僕は「実は恐らく出来るんです」と答えました。そして、「こんなことは医者の良心に反しますが、厚労省の役人が良いというので出しましょう。でも、何かあって文句があったら厚労省に言ってください。くれぐれも僕を恨まないように・・」と言い渡して、夫に妻の分の処方箋も手渡しました。

でも電話再診料は取れないですよね・・・多分。初診料とか取れるんでしょうか? 検査もせず、診察もせず、タミフル処方して保険を削ってきませんか?

 

あ~、昨日「魂を売った」様だ・・と書きましたが、とうとう「無診察でFAX処方」までヤッチャイマシタよ・・・

これ、合法でしょうか、違法でしょうか? もし違法でも厚労省が推奨している方法と似てますから、僕を批判しないでください・・・

あ~、あと数日もすれば良心の呵責とか医者の誇りとか・・・もうどうでもよくなるんでしょうね、きっと。

 

読んでくれてどうもありがとう