Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

指揮官は誰なんですか?

この夏、山の本ばかり読んでいたが、新田次郎さんの【八甲田山 死の彷徨】のことも今思えば色々感じることがある。これは過去に凄く多くの人々が述べられてきた感想とあまり違わないと思うが、この4月以降の「新型インフルエンザ騒動」のことを考えると「いったい今の指揮官は誰だ?」ということが問題となる。

 

迫りくる日露戦争での厳冬期強行軍を想定しての青森第5連隊と弘前第31連隊の競う様な八甲田山雪中踏破訓練・・・まさに人体事件のごとき計画だったようだ。

そして、両計画の命運を分け、199人の貴重な人命が山中に失われた大きな理由の一つが「指揮系統の乱れ」だった。

 

暖かな霞が関の軍服を着た官僚たちが遠く青森の連隊に日露戦争を想定して人体実験的強行軍を持ちかけ、連隊のトップは装備不足を認識しつつ現場の限界を見定めようと沈黙し、現場指揮官の現地での指揮系統を、物見遊山のごとき気持ちの功名心だけの中途半端な上官が未曾有の危機においてしゃしゃり出て混迷を深め、全ての現場兵卒の死を招いて自らは無様に生き残る・・・ なんか、今の厚労省に似てますね。

 

幾重にも守られた永田町や霞が関の閣僚や官僚たちが津々浦々の医療機関の医師どもに強毒性鳥インフルの襲来を想定し過労死寸前の人体事件的重労働を強制し、医師会や大学、基幹病院のトップは装備不足・人員不足を認識しつつ現場医師の限界を見定めようと沈黙し、現場医療チームの現地での診療方針を、物見遊山のごとき気持ちのパフォーマンスだけの中途半端な大臣が未曾有の危機においてしゃしゃり出て混迷を深め、全ての医療機関の混乱を招いて自らは総選挙に敗れ無様に生き残る・・・ なんか、過去の政権党を思い出しますね。

 

厚労省から毎日毎日数えきれない・読み切れないくらいの通知・通達が全国の自治体や医療機関に流されているようですが、正直なところ国会解散以降は全く何にも厚労省からも医師会からも自治体からも我々一般診療所には情報・通知・通達が流れてきません。

一般の方が知るのと同じマスコミ情報と、ネット情報、ブログ情報、掲示板情報などなど、非公式な情報しか医療機関には届きません・・・届いてません・・・届いてますか?

 

4月、5月の頃はWHOとか米CDCとか、国立感染症研究所の専門家がTV画面に出ていましたが、最近は「厚労省通知」としかクレジットが出ません。あのパフォーマンス大臣も過去の人ですし、どんどん出てくる通知の出所・責任者・論拠などが完璧に希薄になってきています。

今は日本の新型インフルエンザの診療方針の最高責任者は誰なんでしょうか?

 

厚労省内に正式な重要ポストを臨時で持ってる公衆衛生・インフルエンザ専門家が居るんでしょうか?

大臣・副大臣・政務官など民主党内閣がトップで情報をコントロールしてるんですか?

厚労省の医系技官が(木村盛世さんに皮肉られながら)最高指揮官として信頼出来る情報を流しながら同時に指揮してるんでしょうか?

 

なんとなく、どれも当てはまらないような・・・???

 

もしかして、今の日本には医療問題、特に新型インフルエンザ診療の最高指揮官は不在なんじゃないですか?

  危ないですよね・・・

  頼りないですよね・・・

  信頼感無いですよね・・・

  強毒性に対応出来るんでしょうか・・・

  医療機関に通知出来ないようじゃ駄目ですよね・・・

  前の通知との矛盾は放置でしょうか・・・

  指揮系統は実際あるんでしょうか・・・

  まさか長妻大臣ですか・・・

  大丈夫でしょうか・・・

 

日露戦争を想定しての 八甲田山・・・

強毒性鳥インフルを想定しての 弱毒性豚インフル・・・

指揮系統が確立していた第31連隊は全員生き残り、指揮系統が混迷した第5連隊は全滅した・・・

 

間違っても長妻大臣が指揮を執ってはいけません・・・

間違っても厚労省医系技官が指揮を執っても(能力がないなら)いけません・・・

 

現場の眼、現場の経験、現場の判断を大切にし、現場を邪魔せず、現場の負担を増やさず、現場の環境を整え、現場に資金と装備を投入し、現場の健闘を称える・・・・

今の日本には津々浦々の医療関係者を納得させうる高名な指揮官は恐らくいないのだから、せめて上記の方針で現場主義で行ってほしいと思う。

ただ、出来れば5人程度の専門家チームを編成して、毎日毎週継続した診療方針の指針提示をしてくれればなお良いと思うが・・・

 

読んでくれてどうもありがとう