Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

興味深い医療ドラマ・・・仁 JIN

僕が綾瀬はるかチャンに夢中なのは公然の秘密?であるが、どうして彼女はああも僕の心をくすぐるんであろう・・・?

このドラマの綾瀬はるかチャンは「鹿男あをによし」の時の雰囲気に似ている。そしてそれが実にいいんだなあ・・・ 

 

日曜劇場、「仁 JIN」は異色の医療ドラマのようだが、11日放送の初回は実に面白かった。原作は漫画らしいが、今後の展開が期待され、また医療ドラマとしても1862年という時代設定が絶妙で何とも面白い。

 

しかしながら、医の原点・・・患者・家族関係などなど現代の医療ミス訴訟問題と共通する様な感じも観ながら受けた。

同じことを見て触っているのに基礎知識の違いが大きすぎて越えられない壁を挟んで相通じないもどかしさ。そんなこと書くと叱られそうだが、実によく医師の感じる「伝えきれないもどかしさ」と、患者の感じる「理解不能のそら恐ろしさ」が良く描かれていて感心した。

 

主演の大沢たかお氏は医師役が似合うと思う。雰囲気が良い・・・竜馬役の内野聖陽氏もその他の出演者も豪華で楽しみだ。もちろん、綾瀬はるかチャンが一番楽しみだ・・・

 

読んでくれてどうもありがとう