Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

星に願い、縁起を担ぎ、先祖に頼む

秋の空に流星群が・・・

誠に「星に願いをかける」に相応しい季節です。一時間に50回も願いをかけれることなんて滅多にはありません。

ということで、これから実際に「星に願いを・・・」かけてみようかと思います。

 

さて、先日から(ほのめかしていましたが)準備をしていた市への申請書類を提出してきました、暦で「大安」吉日を選んで・・・

大きな補助金(5000万円以上)を伴う申請書類を約一か月かけて完成しました。申請締め切りの一週間前に一番乗りで市の担当者に提出、胸のつかえが取れました。ご丁寧に「大安」の日に担当者が不在かどうかまで事前に訊いての提出となり、担当者も苦笑しながら当方の縁起を担いだ熱意?に圧倒されたそうです(笑)。

対抗馬も当然準備をしてきて申請書を提出予定とのことですが、まあ誰がどういう基準で選考するのか、結果はなる様になるでしょう。色々な項目があって、考えてみれば僕自身の50年間の生活と経験・経歴、そして我が家の100年余の歴史が申請する土地を介して関係している話でもあり、申請書を準備しながら我が家の100年間に思いを巡らしたものです。

 

今度の計画には4世代前からの土地が関与していて、申請前夜に自然な気持ちから僕は申請書の分厚いファイルを仏壇の前に供え、「明日これを市へ提出いたします」と心の中でご先祖様の写真に語りかけ良い結果を願いました。

 

さて、一体どうなるんでしょうか? 

最初は僕自身の精神的・物理的・経済的・時間的負担が大きくなるので気が進まぬ計画でしたが、考えを巡らして計画を練れば練るほど「やる気」が湧いてきました。不思議なもので、出すからには競合相手に負けたくないという気持ちになります。

福祉的な事業には競争心は不適切で不要なものかと思いますが、認可が市内一か所限定だとコンペ的要素が加わりますので久しぶりに熱心に事業計画を練りました。

選に漏れて落ち込んだ時が怖いくらいです。

 

さて、外は晴れでしょうか? オリオン座の方向へ目を向けてみましょう・・・

 

読んでくれてどうもありがとう