Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

中学校にて・・

あの悪名高き「地域医療貢献加算」など誇りを持って無視しておりますが、本日は校医をしてます中学校へ検診に行きました。これも立派な地域医療貢献だと思いますが・・・

 

午前の診療が長引いて・・・透析室の回診が終わらぬままに・・・昼食も取らずに中学校へ・・・

 

200人も検診して・・・帰ろうとしてたら、長い廊下の向こうからニコニコした先生がやってくる。

ここで教務主任をしてるK君、僕を誘って職員室へ・・・ そこには立派な腹廻りのM君が教頭として疲れた印象で仕事をしていた。二人とも小学校の同級生なのだが、ここ数年は彼らに会えるので検診に出かけるのが楽しみになった。

 

しかし、先生たちも大変そうだ・・・日教組に入っているのだろうか? 

もう10年以上この中学校に校医として通っているが、年々子供たちが子供っぽくなっている様な気がする。強烈なワルも減って、賢そうな奴も減っている。大人しそうで我儘そうで礼儀が無くて無気力で・・・ これが「ゆとり教育」のたまものか?

若い先生たちも子供に合わせる様に子供っぽく感じるのは気のせいなのだろうか?

 

「地域医療貢献加算」なんて名前の愚策を平気で出してくる厚労省の役人や政務官になった医者崩れがいるようじゃ日本も中国に併合されるのを待つだけなのだろうが・・・

 

それにしても厚労省の「事業仕分け練習」・・・ 情けないバカのパフォーマンスですね。バカじゃなけりゃアホですか?

あァ 話が今日は相当飛んで行きました・・・ 春の様気で 厚労省のアホが伝染したようです・・・

 

読んでくれてどうもありがとう