Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

首相もイロイロ、政治もイロイロ

イギリスでは43歳の首相が誕生し、上品そうで綺麗で落ち着いた派手でない奥さんにはもうすぐ子供まで誕生するようです。若々しくていいですね、爽やかで・・・ 上手に英語までしゃべってましたよ。同じく43歳の副首相は5カ国語を操るようですね・・・

 

対する我が国の首相は、テレビカメラを臆することなくギョロ眼で見詰め、どんなに国民に馬鹿にされようとも胸を張ってヘラヘラと笑い、丁稚の様に前手を擦り擦り、聞かれもしないのに意味不明な公約か嘘か分かんない様ないい加減な発言の連発が「ああ言えば上祐」以上に大変お上手ですが、もう一つ株関連相続税などの脱税によると噂される蓄財とか労働無き富に関する技能が卓越したものがあり金(かね)に関してだけは本場イギリスの首相にも完全に勝っていますよね、嘆かわしいですが・・・

 

まあ、胡主席の様な小沢幹事長と温首相の様な鳩山首相の関係の様ですから自分で何にも決められずに何でもママと幹事長に聞いてから進むので遅くなるし言葉が朝と夜で変わるんですよね、気を使うのは大変ですよね・・・

 

総理を辞めるときは議員を辞める時だ・・・とかつて言った言葉ももう忘れたのでしょうか? ブラウン前首相はこれを実行したようですね、エライです。

そういえば、国民新党の下地議員も「普天間が5月末までに決着しなければ代議士を辞める」・・・と発言していましたが、可哀そうにもうすぐですよね、さようなら・・・でも都合良く忘れたのでしょうね。

 

僕は小選挙区制度は嫌いです。

アホっぽいタレント候補は嫌いです。

自分はエライ・・と勘違いして比例区選挙に出る女柔道セレブ組も大嫌いです。

医師会の迷走ブリは嫌いというより恥ずかしくて情けなくて。

党議拘束(での強行採決)は無茶苦茶嫌いです。

日本に二大政党制は馴染みません。

マニフェスト原理主義の長妻みたいな大臣は認めません。

子供手当バラマキとかCO2排出権バラマキとか選挙権バラマキとかの議員はマトモとは認めません。

 

今の僕の小さな夢は、一刻も早く日本の首相が替わることです。民主党にも探せばまともな総理資格者がいるでしょうし、自民党にもいるでしょうが、そもそも党議拘束を常識と思っている政党政治である限り、日本の将来は暗い・・と感じます。

 

政治にもっと自由を・・・

権力腐敗の排除可能なシステム構築を・・・

マスコミの権力からの自立と成熟した思考能力獲得を・・・

ネット利用拡大とアジェンダ毎の賛否表明可能なシステム構築を・・・

2世3世が有利にならない選挙制度の確立を・・・

極めて小さな政府、最小の課税制度を・・・

人口自然減の受容と将来構想への良質な教育制度を・・・

 

まあ、総選挙前の昨年夏に書いた自分の政治関連ブログ記事を読み返すとナカナカ面白いですね。麻生をボロクソニ・・・鳩山をミソ糞に・・・言いたい放題でしたが、鳩山への懸念は大当たりでした・・・

まだまだ今の政治には沢山モノ申したいのだが、一応は医療系を代表する良質ブログを自覚しているので下品で不穏当な発言は避けておきたい・・・ 

 

読んでくれてどうもありがとう