Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

胸騒ぎ・・・

『胸騒ぎの腰つき』とは桑田圭祐率いるサザンオールスターズのデビュー曲【勝手にシンドバッド】の中の印象的なフレーズだが、最初は『胸騒ぎ残しつつ・・』と勝手に勘違いしていた。

ファーストシングルの発売は1978年6月なので、僕にとっては京都の浪人時代にカレッジフォークにハマりかかっていた頃だったし、フザケタ歌唱表現が少々浪人生の耳触りでもありして、『胸騒ぎ』の後の言葉がなんであろうと「勝手にしてろ・・」という感じだったが、さすがに大学に合格した時期に出た【いとしのエリー】こそは新生活に突入し勉強から恋愛へのステップを踏み出したばかりの僕には衝撃的な曲で、一気にサザンオールスターズの曲は生活の中に無くてはならぬものとなった、2年後に佐野元春が登場するまでは・・・

大学一年の時に自転車で北海道を周遊したのだが、礼文島を走った後に宗谷岬へフェリーで戻る最中に船で流れていた【勝手にシンドバッド】の曲は今も耳から離れない。僕の大学一年次はサザンこそが青春の歌だったかと思われる。

 

佐野と桑田・・・どちらも1956年生まれの54歳で、しかも2月と3月と近く、立教大学と青山学院というのも似ている。デビュー後30年たっても色あせない稀代のアーチストだと思うが、「エロとセックスと浜辺の桑田」と「反抗と孤高とストリートの佐野」とはやはり大きな違いがあるのであろう。

僕は恐らく20回以上は佐野のコンサートに足を運んでいるが、桑田のコンサートには実は過去一度も行ったことがなかった。カラオケでは今でも佐野より桑田の楽曲を選曲するのに・・・である。

 

しかしながら、10日ほど前に新聞広告で桑田のコンサート情報が載った時、僕は不思議な「胸騒ぎ」を覚えて初めてコンサートのチケットを購入しようとしたのである。忘れない様に携帯で写真を撮っていたほどだ。

『もう2度と桑田のコンサートには行けないかもしれない、いま行かねば・・』という不思議で不吉な胸騒ぎだった・・・

 

そして、まさに予約期間の最中に桑田の「食道がん」報道が流れ、上のコンサートも流れてしまった。僕の胸騒ぎが的中したのかどうか、出来ることならば一日も早く「復活コンサート」の広告を目にしたいものだ。そしてその時こそ、僕は初めて桑田のコンサートに参加したいと願っている、家族を連れて・・・

 

桑田さん、早く良くなってまた素敵な歌を聴かせて下さい・・・どうもありがとう