Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

縁起がいいのか?

今日は猛暑、なのに千客万来の大繁盛・・・ 熱中症がやけに多くて疲れ果てた。そもそも診療所が繁盛することは良くないことであってヒマこそが理想なのであるが・・・

 

で、今日は可愛くて綺麗な受付スタッフから強烈な逆セクハラを喰らってしまって・・・少々ニヤニヤしながら一日を過ごせた。本来なら大ショックで寝込むほどの話だったのに・・・

f:id:murasawatakehiko:20150305005717j:plain

『先生、ワタシ・・・ つかんじゃったんです。』

「えっ、何をつかんだの?」 

『コレくらい細くてェ・・・ アレくらい長くてェ・・・ アンナくらい硬くてェ・・・ ヌルッと艶やかでェ・・・ クネクネしちゃうのォ・・・ 先生、何だかわかってるんでしょ? イヤねェ先生・・・』

「オイオイ・・・ 朝っぱらから、困るよ君ィ・・・ 僕らはまだ何にも無いんだし・・・」

『キャァ先生、わかったの? ホントに? 私、アレつかむ時ドキドキしちゃって・・・ 凄く興奮したわ・・・ だって初めてなんですもの・・・』

「オイオイ、君いくつだい? カマトトぶっちゃって・・・ 先生を朝からチェリーみたいにからかうなよ・・・ こっちが赤くなるじゃないか・・・」

『でも、ホントに初めてつかんだ時の感触って・・・ すっごく怖かったけど・・・ でもそうするのが先生のためかなぁと思って・・・ 思い切ってつかんだのに・・・ そしたらピクンとしちゃって・・・』

「き、君・・・ ぼ、僕達まだ何にも・・・ 他のスタッフに聞かれちゃ困るよ・・・」

『でも、他のスタッフにも教えてあげなきゃ・・・ みんな注意しようよって・・・』

「注意って・・・?? 俺まだ誰とも・・・ ご、誤解だよ・・・」

『先生、なんか勝手に勘違いしてません・・?? 私がつかんだのはコレくらいの太さで・・・コレくらいの長さで・・・』

「ちょっと・・・ 俺のはもう少し短いけど太いよ・・・ そんなに細くないけど、長さは半分もないな・・・」

『アハハ、ケケケ・・・ 先生、そんなこと聞いてませんし、先生のなんか興味ありません。加齢臭が漂ってるでしょ? 違います・・・全然ちがいます・・』

「じ、じゃァ なんなんだよ? 君がつかんだのは??」

『この位のサイズの 蛇ですよ、先生・・・』

 

 

ギリシャの時代から医学の紋章は杖にまとわりつく蛇だと決まっていた・・・

二匹が絡まりあうと商業のシンボルとも言われた・・・

f:id:murasawatakehiko:20150305005738j:plain

 

そんな有り難い蛇がなんと院内で見つかったのだ・・・

その話を聞いていた患者さんが・・・『そりゃ縁起がいいですね。今年は猛暑で多いそうですよ・・・』と言ってくれたが、僕は恥ずかしくて恥ずかしくて・・・赤面した顔をしばらくクーラーで冷やしてから診療に取り掛かった。

   千客万来・・・

   珍客歓迎・・・

   医神来院・・・

   院長赤面・・・

f:id:murasawatakehiko:20150305005749j:plain

 

僕は蛇が超ニガテ・・・ まあ、僕のより細くて安心したが・・・

でも、いくら縁起物でも蛇はカンベン・・・ 逆セクハラは大歓迎なのだが・・・

 

読んでくれてどうもありがとう