Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

地球温暖化対策税

民主党の皆さん、のぼりまで立てた「ガソリン暫定税率撤廃」のマニフェストを投げ捨てて、中国に資する「地球温暖化対策税」を始める様です、それも2011年度から・・・大増税は来年じゃないですか?

 

世間は夏休み、盆休み・・・ 僕はお仕事、お仕事で自虐生活。透析患者さんには夏休みがあっても、透析医やスタッフには夏休みなんてありません。今朝も朝から「高速道路や飛行機や新幹線の大渋滞」とか「海外旅行風景」を眺めて仕事しています。

で、その遊ばず休まず病気せず浮気せず働いて得た報酬から巨額の税率の納税をしたかと思ったら、またまた「地球温暖化増税」とか・・・ 消費税大増税所得税増税とか もう真面目に働く僕には無茶苦茶な制度ですね。そんでもって韓総理は軽井沢で昼寝とは・・・ ホンマ、@@してしまいたいです。

http://blog.m3.com/BackToTheStreet/20080503/1

さて、上にもリンクしましたし、「温暖化」に関する記事を幾つも書いてきました。温暖化とか少子化とか移動の自由とか人口問題とか色々書いてますので夏休み中の課題記事にして下さい・・・

 

僕の基本的意見には・・・

1) 地球温暖化は中世の小氷河期からの回復過程をとらえている

2)都市部のヒートアイランド現象との混在が温暖化を顕著に表現している

3)将来の食糧・水・エネルギー問題が深刻化する背景は人口爆発問題であり温暖化ではない

4)太古からの地球規模の気温の高低の波は人類の英知でも克服できない自然現象のサイクル

5)生物が気候変動を生き延びるには、生存に適した環境に「移動の自由」が無いと無理であり、その摩擦で戦争が生じる

 

余ったお金や搾取したお金があるならば・・・、

それを 【地球規模の人口問題を上手く抑制し減少に向かわせ、国際間の移動制限を容易にするために国境概念の緩やかな緩和を図る政策へ誘導し、将来の環境変化や物質文明の崩壊に耐えうる人類の幸福観の見直しと経済優先主義からの脱却への誘導】などを世界中の政治家は夏休みに真剣に考えていかないといけない。

 

今の韓総理や民主党政権では上記は全く無理であって、人口爆発・物質文明徹底追及・環境破壊推進中・モラル形成失敗・猛烈軍拡中の漢族をこんな税金とか謝罪とか賠償とかで大いに後押ししてあげて、そんでもって地球を任せていいのでしょうか? きっと30年後には「地球制覇」のために最終戦争が勃発してしまうでしょう・・・・危うげな共産政権が続けばですが・・・

 

韓総理、漢総理、アカン総理、罵菅総理・・・ご退陣を

 

夏休みなんてやってる場合か?

増税なんて真面目に働く人に失礼だ

 

読んでくれてどうもありがとう