Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

忘れてましたが、4周年

ある親切なコメンテーターの方から「4周年を忘れてない?」という温かなご指摘を頂きました。確かに10月20日で当ブログを開始して満4年が経過しました。凄いですね、1540以上の記事を書いてきました。

 

最近は確かに忙しくて、悩ましくて、悔しくて、情けなくて・・・物忘れが病的な水準に達してしまって恐らく喜ばしいであろうブログ継続4周年をスッカリ忘れていました。

 

しかし、当然ながら野球が原因じゃありません。まちがいなく中国です。正確に言うと、中華人民共和国共産党指導部の反日教育の成果と沖縄領有宣言および西太平洋地域管理宣言、更にそれに呼応する日本国政府内の中国共産党の対日工作員であろう政府高官の恥ずかしくも愚かな言動などに心を深く痛めていた・・・というのが健忘症の理由です。ただし、仙谷宦官の健忘症は「ウソ」という意味の様ですから、僕のとは違います。

 

なにはともあれ、ブログを4年も書き続けてきて、実は益々書きたい事が湧きあがってきます。このブログは僕の「遺書」ですから、生きながらえている限りドンドン言いたい事や残したい想いが増え続けます。ただ、自由な時間が無いので書けないだけで、もしもヒマなら恐らく毎日10編くらいの記事を書いていることでしょう?

さていつまで続くでしょうか?

恐らく、仙谷宦官が反日思想を持つ国家公安委員長に命じて僕の素性を調べ上げ、ある日突然、診療所に公安職員がやってくるその日まで書き続けるのでしょう・・・その日は近い感じがしています。そして僕は、仙谷宦官の大好きな文化大革命の様に名もなき知識人の一人として首から札を下げられ顔を曝されアホどもに殴られ蹴られ粛清されていくのでしょう。その時こそ、このブログがノーベル委員会の眼にとまって「ノーベル平和賞」の候補になるはずです・・・(妄想)

 

一つだけ、当ブログの秘密を告白します・・・

投稿時間に関してですが、その多くが「14」または「39」になっているハズです。「14」は僕の女神様の数字、「39」は勿論 サンキュー です。

 

4年間のご愛読、どうも サンキュー