Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

可愛らしい【夕方の六時】

もうスッカリ忘れかけているが、例の「天才女流詩人」が盗作事件で有名にしてくれた福岡県柳川市の【白秋祭献詩】コンテスト・・・ あの北原白秋を偲んで昔から献詩コンテストが行われてきている。

昨年の2009年の大賞「文部科学大臣賞」の受賞者とその受賞作品の件は前に記事で取り上げた・・・

http://blog.m3.com/BackToTheStreet/20101022/2 

その天才女子中学生は、今年の【白秋祭献詩】コンテストでは大賞の次点である「県知事賞」を受賞するはずだったが、直前で盗作事件が発覚し辞退となった。残念と言えば残念である。

 

その後、俳優業を辞めた直後に「ポプラ社小説大賞」という賞金2000万円の破格の賞金を辞退した水嶋ヒロ君が 「出来レースじゃね?  締め切り後の提出して受賞ってなに様?  あちゃ、ゴーストライターか?  選考委員が身内ばかりじゃん?  なぜ粗筋も発表出来へんのか?  なんか怪しい賞やね?」 などなど、批判とも貧乏人のやっかみともつかない様な報道の中で、真っ当な疑惑が忘却の彼方に過ぎ去ろうとしている事を僕は複雑な感覚で眺めていた・・・

「僕には小説をものにする文才が無くて受賞なんて無理無理。でも生涯で数作でもエロい小説を杉本彩みたいに著したいもんじゃ。とりあえず新人の登竜門・芥川賞くらいで我慢するか? それとも医者が書いた【神様のカルテ】とか【チームバチスタの栄光】の向こうを張って応募してみまひょか?」などなど、夢の中でメラメラと帰国子女で慶応ボーイでサッカー選手で歌手の夫で長身イケメンの水嶋ヒロ君に対抗心を弄んでいた今日この頃、皆さん仙谷官房長官には呆れ果てておまへんか・・・?

 

で、話は戻って・・・・【白秋祭献詩】コンテスト

例の天才盗作女子中学生を破って今年2010年、堂々の文部科学大臣賞を受賞したのは・・・ 可愛いけど大人びたドイツ在住の女の子でした。

 

ドイツ・ミュンヘン在住の小学5年生の竹田さん・・・ ハーフで日本語は雅子さん並みにタドタドシイけど、その初々しさがまたよろしいです。発音が可愛らしい・・・

http://www.youtube.com/watch?v=zffoB32q0TI 

いかがですか? 小学五年生にしては上手ですね。素直な女の子らしい作品です、白秋らしくはないですけど。日本語で書いた詩としては生涯2作品目だとか・・・

 

詩って、比べて順番付けるのは非常に難しいですね。誰の心にも純粋な気持ちが有りますから、比べちゃ悪い気もします。あんまり【白秋らしさ】とかは関係なかったようですけど、いい作品だと思います。次点だった天才中学生の少女の幻の受賞作品にも興味がありますが・・・

これから竹田さんはどんな大人の女性に成長していくんでしょうか? きっとドイツと日本のかけ橋の様な価値ある仕事をするんでしょうね? インターナショナルな子供達・・・素晴らしいですね。これもまた人生ですね・・・

 

読んでくれてどうもありがとう