Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

たりかぶりモン

最近は日曜日の出来事しか書かない糞ブロガーに成り下がったが、糞よりスゴイ北朝鮮支援キチガイ総理大臣の福島原発化現象を病院内のアナログテレビで眺めていると、アンポンタン総理自身の頭が冷温停止状態になり、瓦礫撤去が可能になる日が永遠に来ないのでは・・・? ようするに、日本に再び栄誉ある日々は訪れないのではないか?とすら感じるのである。

日本国破壊活動に命を懸け必死に北朝鮮や周辺国支援にのみ狂った精力を注ぎ込むあのアンポンタン・キチガイ菅の顔など絶対に見たくないが、どうしても間抜けが困った顔をする国会中継を見たくなってしまう。

それに比べれば、B型九州男児はストレートに性格を見せてくれて正体が理解しやすく、引き際もそれなりに生きザマの通りで、日本人らしい分だけアンポンタン・キチガイ菅より大いにマシである。

しかし、アンポンタン菅や取り巻きは全部・・・【たりかぶりモン】だ、と思う。

 

まあ、標準語で言うならば・・・・【たりかぶり】とは、なんか悪いもんを喰ったり、日頃喰えないようなモノを喰えて止まらなくなって、結果として胃腸を悪くして、急性の爆発的シャーシャー下痢便がどうしようもなく意思に反してブリブリシャーシャーと、口から・・じゃなく、ケツの穴からとめどなく出てくるサマ・・・と、広辞苑には書いてある(はずはない)けど、そんなこと。

簡単に言うと、病原性大腸菌のついたユッケに当って悲惨な状況になっているサマ、のことを想像して下さい(想像したくない人はしなくていいですが、遅いかも? 失礼)

そして【たりかぶりモン】とは、九州男児の風上にも置けない程凄まじい失態を晒してしまい、涙を我慢して背中丸めて小さくなっている人のこと、を言うと広辞苑に書いてあった(はずはない)。まあ、そんな情けない九州男児が国会とかに居る筈はないので、特定の誰かをさす言葉では当然ながらないので誤解無用である。

 

実は、その【たりかぶりモン】は、日曜日の僕自身なのであった・・・

またまた、日曜日の出来事だが、時々行く居酒屋風食事処で土曜夜に食した何かで、日曜未明から人生50余年にして初めての強烈な食あたり?で【たりかぶっていた】のであります・・・

「馬刺し」と「岩ガキ」を当然ながら生で食してしまったのである。

 

もう強烈な二度と体験したくない程の凄まじさで、一気に脱水が生じ、オシッコも18時間ほど出なかったくらいである。ウンチが形を見せたのも40時間程経過後で、途中には39度近い発熱と悪寒が見られたのである。

家庭内感染を恐れ僕は愛する妻子から日曜日の夜に自主隔離として家を出て、3人いる愛人宅の一つに転がり込んだ。そして、熱と下痢と脱水とインポと闘いながら、月曜日の診療時間前には絶対に治すぞ・・・と、39度近い身体を39度の風呂に沈め、もうとっくに出るものすら尽きた肛門付近の清潔度を確保し、発汗を促し、新陳代謝を進め、免疫機能を活性化し、アイスを脱水改善目的と内部発熱軽減のために注ぎ込んだ。

 

この見事な独創的治療法が功を奏し、就寝前に服用したバイアグラ・・・、じゃなかった、解熱剤一回のみで翌朝は朝立ち・・・じゃなかった、見事な解熱をゲットしたのである。もう、出るものは出ず、患者さんへの感染リスクは消滅し、僕は忙しすぎる月曜日の外来その他を立派にこなしたのであった。

ただ、本調子ではなく、30度の診察室が寒く感じられ、職員達から変だと悟られて、本来の調子に戻って美しい形状のウ@チが出たのは火曜日の夜、佐野元春Radio Showの始まる少々前の時刻だった・・・

 

最近は労務問題で特に悩まされ、経営者トップの孤独感で潰れてしまいそうでありながら日々の仕事をしている。ただ、B型九州男児ではないので育ちゆえ上品な言葉使いしか出来ないので、今日は言葉が【たりかぶった】気分である。責任を逃れ辞任出来る大臣とか職員とかがとっても羨ましい今日この頃です。

はやく日曜日の出来ごとではない記事を書きたいと思いますが・・・一定のメドがたったら書こうと思いますので。

 

読んで不愉快になられた方々に申し訳なく思います。翌日の馬術仲間との会合を控えて馬刺しを喰ったので恐らく【バチが当たった】のであろう・・・ 馬よ、ごめんよ