Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

辞めかた

相も変わらずアンポンタンの菅直人が下痢の様にシャーシャーと官邸に居座り、日本を破壊する活動を必死に夫人とともに行っている・・・ようにみえる。

不謹慎な表現を敢えて使えば、【菅直人メルトダウンした福島原発そのもの】である・・・ 止めるにも止められず、害ばかり撒き散らす。いつ水素爆発するかもわからず、金はかかり、放射能は撒き散らし、誰も近づけず、恐れられ、日本を壊し、でも・・・ほっとけない最重要な存在、悪い意味で・・・

 

3月11日に韓国人からの違法献金公民権停止、議員辞職すぺきだった寸前に大地震原発事故で救われた菅直人。だが、日本は救われるどころか今後数十年も菅直人の残す負の遺産の処理に真っ暗闇となっている。周辺国に侵されず日本が残っていれば・・・だが。

 

先日の国会審議で菅直人一人だけになった時間があってビックリしたのだが、滅多にない光景だったようだ。

いっそのこと、全閣僚が出席義務のある予算委員会集中審議の場において、野党は菅直人を無視してしまえば面白いのに、と思う。全ての質問を他の閣僚にして、総理大臣への質問をゼロにしてしまうのである。

菅直人に、「あんたなんか不要、寝てろ、聞きたくもない、顔も見たくない、答弁なんか求めてないぜ、さっさと糞して伸子とネンネしな・・」とかなんとか言って徹底的に無視すればいい。勝手に答弁しそうになったら、「お前ダレ? まだ居たの? 答えは拒否だ・・」とでも全国中継すればいい。

 

そもそも、「国民投票」がこのIT時代の日本で出来ないのがおかしい。イタリアでもどこでも出来るのに・・・

アンポンタン菅直人脱原発解散とかなんとか言ってるが、あんなもの政党の選挙では馴染まないでしょう? 国民投票にすればいいのです。外国人参政権とかも一緒、政党政治党議拘束こそ最低最悪の日本の政治の癌だと当ブログで数年間ずっと言ってきたのだが、党議拘束は廃止し、重大な党派を超えた問題は国民投票をすべきである。僕が総理になったらまず党議拘束を廃止する。その採決は党議拘束をかけて・・・・ナンチャッテ

まあ、いいからヤメロ。二度とアンポンタン菅の顔など見たくない

 

ヤメロ辞めろと願っていたら、介護施設で働く看護師が突然「辞める」と言い出した。全く辞める気配も無かった中堅の人だったので困ったこまった。ぜひ後任が見つかるまで居て、きちんと引き継ぎをしてとお願いしたが、既に高待遇で転職先が決まっているのか辞める時期は絶対に延ばさないと言うので困った。「一定のメド」がつくまで居て欲しいのに。もっと菅直人を見習ってほしいのに・・・

 

必死に後任を探して、ほっとして他の応募者を全部断ってようやく勤務を開始したら・・・

初日の夜に電話してきて、「なんか自分に合わなさそうで辞めます」とヌケヌケとノタマウ。最近の若い看護師さんは・・・あっさりしたもののであると感心した。これなどはアンポンタン菅直人にも見習ってほしい。ただ、数日後に、ハローワークに「就職お祝い金」をもらおうと思うので離職届けを早く出して下さい・・・と電話して来た。たった一日の速攻退職のクセして当方はビックリしてしまった。被害届を出したいくらいだった。雇用保険はたった一日の勤務で自己都合退職でも「就職お祝い金」を出すのかね? そうなら無茶苦茶やね・・・と思う。

 

まあ、さいわい後任の後任を間に合うように探せたので今週末は気分が少々楽ではあるが、【辞め方】とは非常に重要なものだと非常に感じた。

僕らの様な医師、特に医局派遣でアチコチ動いた医師は自己希望での就職退職など無縁で全てが命令で文句も(おもてではあまり)言わずに働いたのであるが、人手不足を背景にして若い看護師さんは・・・強いですね、常識ないひともいますけど。

 

読んでくれてどうもありがとう