Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

時間よ止まれ

誰にでも平等に訪れる「時間」・・・

こうしている間にも確実に過ぎ去っていく・・・ 実に貴重なものだと感じない日はない。

f:id:murasawatakehiko:20150316222501j:plain

 

いつの間にかさしたる抵抗もせずに「若さ」を置いてきてしまったことを悔やんでも仕方が無いが、若い時にはその素晴らしさを過小評価してしまっていた。 

他を顧みず延命に汲々とする人も国家にとって迷惑な話ではあるが、活き活きとした人生の時間とはやはり限りあるもので、どうにかして少しでも伸ばしたいと誰もが思うものであろう。

f:id:murasawatakehiko:20150316222513j:plain

 

幸か不幸か人生を浪費し無為に過ごす心の余裕も今の僕にはないが、叶うことならば、責任の重荷をしばらくでも忘れ、思うがママに感じるがママに世界の心地好さに身をゆだねたい・・・・

f:id:murasawatakehiko:20150316222536j:plain

 

これまでの人生で、「生を楽しむ術」は間違いなく身につけてきたはずなのに、肝心な時に至っても残念ながら叶える時間が今の僕にはない。

f:id:murasawatakehiko:20150316222608j:plain

 

毎年、7月中旬の暑くなりだすこの時期には、自然と青い海を想い、遠い旅を想い、輝く女性を想い、流れゆく人生を想う・・・ 

そして願う・・・ 出来ることならば「時間よ止まれ」と・・・ 西風に笑われてもかまわないから。

f:id:murasawatakehiko:20150316222625j:plain

 

あと幾度、充実した心と体でこの時期を迎えることが出来るのであろうか? たとえ一夏でも二夏でもいい、何も考えず、波の音を聴きながら、優しい風に吹かれながら、静かな海辺でしばし仕事の事を忘れ、人生の素晴らしさだけを噛みしめて過ごしたい。

f:id:murasawatakehiko:20150316222640j:plain

 

「時間よ止まれ」・・・ 

叶わぬ夏の日の秘かな願いであるが、いつの日にか・・・との希望は忘れたくはない。