Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

リスクは菅総理の言動

いまや時の人になった感のある佐賀県古川康知事・・・

九州電力勤務の父を持ち、東大法学部から自治省入り。岡山・長崎県庁などの地方勤務を経て当時の全国最年少知事になり早三期目。人相は悪いが発信力も突破力もあり、全国でも有数の知事になりつつありました。性格は顔ほど悪くはなく、比較的与野党とも上手く立ちまわれる人だった(と他の県民からは見えた)。元官僚の性か、今後は国政進出も視野に入れていたと想像できるだけに、今のこの緊迫した事態に困惑してしまったのだろう。九電に暴露・リークされ四面楚歌、次の選挙は果たしてどうなるのであろうか?

それにしても、ブログもTwitter も止めたのは「好きな時だけ発信する人気取りのナルシスト」という僕の批判を避けることは出来ないであろう。ブログもTwitter も本音を書くときは「匿名」が原則で、損得勘定と無関係な「誉めてもらえない匿名性」こそが本流であろう。ネットを自己宣伝に利用してはならない。情けない・・・

しかし、ここまで叩かれ将来が潰されようとするのはオカシイ・・・

 

古川知事のメモの要旨・肝心要の一句は・・【危惧されるリスクは菅総理の言動】なのであって、正に真実を的確にとらえた名言中の名言である。

原発推進閣議決定までした菅総理がいつの間にか同じ佐賀県出身ソフトバンク社長の事業展開を応援する様な利益誘導型発言である【脱原発】を繰り返している。(ちなみに、孫さんの通った高校と古川知事の子供が通った高校は同じである。世の中は狭い・・)

 

脱原発】を声高に唱える総理がOKなら、古川知事も【脱・脱原発】あるいは【脱・菅直人】を声高に唱えて全世界にTwitter やブログで発信すればいいのに。

 

そもそも、菅直人総理が海江田経済産業省大臣を佐賀県庁と玄海町に送り込んで、『玄海原発は再稼働の方向で進めて下さい。責任は国が持ちます』と言わせた訳で、その舌の根が乾かないうちに菅直人の【ストレステスト】発言が出て一気に混迷の度を深めた訳でしょう? 

この大臣と知事の会談が、6月29日・・・

 

九電副社長と古川知事の例の会談は6月21日・・・

公開のメール動員委員会?が開催されたのは6月26日・・・

なにも海江田大臣や菅総理佐賀県知事のメール問題で賛成派が若干多かったのを根拠に29日に佐賀県知事原発再開を要請しに行ったのではありませんでしょ?

しかも、佐賀県知事は海江田大臣の要請を受けた後の記者会見で、『大臣が要請されましたが、菅総理がどう言われるかを聞いてから判断したい・・・』とまで言った訳で、菅総理の思いツキ言動で翻弄されるのを予想していた訳で、その意味では素晴らしい知事だと感じますよ。

 

脱原発解散】や、今日は長崎で【脱・核抑止力】発言まで思いツキでやらかした菅総理ですが、【脱・菅直人】 【脱・拉致犯支援者】 【脱・無能総理】 【脱・居眠り総理】 【脱・アンポンタン総理】 などを積極的に発信すべきでしょう?

今のままでは有能な古川知事は無能な菅総理に負けて潰される訳で、どうせなら 【日本にとっての最大リスクは菅総理】という真理をブログでもFacebook でも Twitter でも新聞でも週刊誌でもTVでも街頭でも県庁定例会見でもドンドン発信すべきでしょう。

 

【日本にとっての最大リスクが菅総理】なのは間違いないのですから・・・

 

ガンバレ 古川知事・・・ ここに応援団が若干一名おりますぞ。