Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

頑張れ 医師諸君

とうとう 患者による医師の【 言葉狩り 】が始まりましたか、本人が否定しているのに・・・

こんな 「あいつが あの時 あんなこと言ったから 俺様は悩んだぜ・・」 なんていう密室での言動で高額の慰謝料を請求されるのだったら、産業医どころか全ての医療は録音録画して行わないと無理なようだ。

休職職員に「甘えだ」産業医に賠償命令

 自律神経失調症で休職中、産業医に「病気でなく甘えだ」などと言われ病状が悪化したとして、奈良県に住む40歳代の団体職員の男性が、当時の産業医に530万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。寺元義人裁判官は「安易な激励や、圧迫的、突き放すような言動は病状を悪化させる危険性が高く避けるべきで、産業医としての注意義務に違反した」と述べ、元産業医に慰謝料など60万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2008年6月から同失調症で休職。治療で復職のめどが立った後の同年11月、産業医との面談で、「病気やない、甘えなんや」「生きてても面白くないやろ」「薬を飲まずに頑張れ」などと言われ、病状が悪化。復職の予定が約3か月遅れた。

 この産業医は内科が専門で、裁判で「励ましの言葉をかけることはあったが、詰問や人格を否定するような発言はしていない」と主張。判決で寺元裁判官は「産業医は心の健康への目配りを通じて労働者の健康管理を行うことも職務だ」と指摘。同失調症を「うつ病などとの関連性が考えられる」とし、慎重な言動の必要性に言及した。

 この産業医は昨年3月、団体での勤務を辞めたという。

(2011年10月26日  読売新聞)

 

この 【 寺本義人裁判官 】 の 「トンデモ判決」 の記事は多くの新聞が取り上げていたが、この関西読売記事が一番詳しくマトモだったのでコピペした。新聞によっては訴えた団体職員の組織の「産業医」だったとか、医師が「発言を否定」したとか、「裁判官の言葉」を含めて肝心の事が書かれていないので、その新聞記事のみを読むクレーマー同志は「よーし、訴えたるでェ」に成りそうだし、全ての内科医は「やってらんねぇナ」って成ることだろう。こんなマスコミが「ゴミ」とバカにされる所以である。

 

しかし、ドキリとしたのは、僕自身がほぼ毎日のように、【 大丈夫だよ、病気じゃないよ 】 とか、【 生きるって辛いよね 】 とか、【 薬は飲まずに頑張ろうね 】 とか繰り返し多くの患者さんに言っているからだ。

【 病は気から 】 は相当に当てはまる真理だし、【 生きるのが辛い 】 とは自分自身も家族も誰もが普通に感じてることだし、【 薬は出来るだけ飲まずに 】 とは医療費削減にも有効で、副作用防止にも間違ったことではないから・・・

 

むしろ、マスコミも 厚労省も 財務省も 患者さんも 【 医者は 夜勤中も寝ずに、酔っ払いだろうがヤクザだろうが全ての患者を断らず、一睡もできなかった当直明けも手術をこなし、コンビニバイトよりヒドイ安月給で、就業規則とか有給休暇とか忘れて、たとえ専門外の特殊な病気でも一発で治し、訴訟大好きなクレーマー患者だと差別せずに・・・ とにかく、ガンバレ・頑張れ・がんばれ・・・・死ぬまで頑張れ・死んでも頑張れ】 って何度も何度も大きな声で言い続けてるじゃないか? 違うヶ???

 

ナニィ? 「そうハッキリとは言ってない」だと? バカモン・・・

 

【 厚労省や マスコミは、医師達の心の健康への目配りを通じて 労働者である医師達の健康管理を行うことも職務 】のハズだ。

アホ・バカ・間抜けの糞司法関係者と 厚労省の糞官僚どもめ まずは自分の仕事をキッチリしやがれ・・・ 

 

【 頑張れ 医師諸君 】  

ちなみに、僕は「産業医」資格を放棄して気持ちが楽になった