Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

8年振りの日本一

福岡ソフトバンクホークスが11月20日に落合・中日を4勝3敗で破って8年振りの日本一に輝いた・・・ おめでとう

 

f:id:murasawatakehiko:20151003000127j:plain

ハテ、8年前の今頃は何をしていたろうか・・・?

当時はブログを書いておらず、日記をつける習慣も無かったが、開業以来14年間ずっと毎日付け続けている「診療日報」なるものがあって、その日の新患数・再来患者数・検診数・売上代金・通算患者数・紹介患者数・などなどを書いている。その片隅に夜遊びや秘めたる女性関係をはじめ、かなり際どいプライベートな話題も含めて暗号で色々書いていて、それが日記の代わりでもあるが、絶対に他人には見せられないもののなかなかに面白い。でも、ブログを書くようになってからの方が思い返す楽しみはずっと大きいのだが・・・

それにしても、外来患者数と外来収入は20%ちかく減っている。もう経営が苦しくなるはずだ・・・ 来年は廃業かも。

 

そこで、ホークスに関してだが・・・

8年前の2003年はホークス・パリーグ3連覇の最終年、まだダイエーで、翌年の秋に身売り騒動の後にソフトバンクの孫さんが買収した。祝勝会で大ハシャギの孫さんにとっても、7年目にして初の日本一達成で、胴上げもしてもらい感激もひとしおだろう。

f:id:murasawatakehiko:20151003000139j:plain

 

僕の診療日記によると、11月ではなく、10月27日・月曜日に優勝を決めている。今年は3月の大震災の影響で3週間ほど遅れているようだ。見に出かけた優勝パレードも11月2日から12月11日へと5週間も遅くなり、クリスマス前の天神・明治通りは歳末商戦と重なり街は大混雑であろうし、立って眺めるには非常に寒かろう。天気がイイと良いのだが・・・

 

今年のMVPは該当者なし・・・と言っていいほどだったが、やはり小久保は自分でも認めた様に考えにくい。その小久保、8年前の優勝パレードの翌日にジャイアンツへの電撃トレードが発表された。それがホークス大混乱と長期低迷の始まり・・・だった。

 

小久保は今年の春にも骨折したが、その年は足の骨折でシーズンを完全に棒に振ってしまう。それでも人気の小久保、優勝の後の電撃移籍は署名運動まで起こった工藤の記憶が新しかっただけにホークス・ファンに球団に対しての不満と不安を呼び起こし、身売り騒動の際の困惑に繋がった。1リーグ制は阻止され、ロッテとの合併ではなくソフトバンクが買収したので結果的にはヨカッタのであるが、僕自身はその年を最後に年間指定席の購入を止め、ドームに足を運ぶことは無くなった・・・

最大の理由は過大評価の番長・松中の増長・・・ 2004年のオリンピックのドサクサで3冠王に間違ってなったために、巨額の複数年契約と奥さん連れでのTV・CM連発となり、あたかも「松中のチーム」みたいに持ち上げられた。これが僕に年間指定席の購入を止めさせる最大の理由だった。優勝しても松中引退までは球場でホークスの試合を観ることは無かろう。

そして、ホークスは、それ以降ずっとポストシーズンの争いに敗れ続けた。トップでシーズンを終了しても優勝でも無く日本知りずにもイケない。全ては松中のせいだった、と僕は断言する。絶対に疫病神・松中とチームは心中してはいけない、何度そう王監督孫社長に念力を送ったものか? 決して通じなかったが・・・

今年は松中不調で出場機会が激減し、それゆえ優勝・日本一が達成できたと思うのである。カブレラとか、松中とか・・・もう要らないのである。

 

小久保は・・・ 松中に無いキャプテンシーが彼にはある、少々うっとうしいが。秋山後が既定路線であろうから、松中とはこれから歩む道は異なることだろう。予想を超えて良き監督になった秋山から色々学んで欲しいものだ。

f:id:murasawatakehiko:20151003000150j:plain

その小久保・・・ 実は、優勝をきめた20日の昼過ぎに、小久保が超高級車の横に美しい?女性を乗せて住まうマンションから出てきたところで僕の超高級車とすれ違った。僕がVサインを送ったのが見えただろうか? ちょっと自信無げな小久保に応援Vサインを送ったのが良かったに違いない。MVPをもらえたのは僕のお陰、感謝してもらいたい。

小久保のマンション前はいつもワンコと散歩する場所なんで、ちょっと親近感が湧いている。ワンコもオシッコでマーキングをしてるほどだ。でも、MVPって・・・小久保は森福に譲ってあげなさい。

 

8年前の10月の阪神との日本シリーズ第1戦・・・僕は福岡ドームで観戦したのをよく覚えているのだが、あれから後に、野球界も 仕事上の展開も プライベートなことも 家族のことも 色々とあったし、なんとも月日のたつのは早いものである

 

よんでくれてどうもありがとう