Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

天神様さま

新春・・・といっても、まだ旧暦では12月15日なのですが、久々に暖かくて輝く様な明るい良き日和でしたので、今年の「三社参り」の三社目に、福岡県の太宰府天満宮に詣でてきました。 

いつもは「三社参り」などしないんですけど・・・今年は、京都の北野天満宮、三重の伊勢神宮、福岡の太宰府天満宮と、超豪華版で、さぞや僕の衰えかかった頭脳も鮮やかに蘇ってくれることでしょう? 僕は今日の成人の日も当然ながら夜まで仕事ですが、時々頭も休ませないと最近劣化が激しい気がします。

 

車は相当に渋滞していたようですが、西鉄電車でいきました。福岡天神から天神様まで約30分で到着です。全国から日帰りも可能ですね。参道でdocomoが金ぴかの合格祈願携帯ストラップを無料で配ってましたが、これは全国docodemo配ってるんでしょうか? 天神様の印はdoconimo見えませんでしたが、子供には人気でした。

 

受験シーズン到来で、朝から参拝者が無茶苦茶多かったですね・・・ 天神様は最近はスポーツの神様にでも幅を拡げられたのでしょうか? ユニフォーム姿のスポーツ少年少女がもの凄くいました。受験や学業向上ではなく、スポーツ上達を祈るのでしょう・・・ 時代の流れを天神様も感じているのでしょうね。

まだ咲いてはいませんでしたが、有名な「飛び梅」を背に記念写真です。青空がきれいです。

 

今年初めて「おみくじ」を引きました・・・中吉でした。

   大吉 >中吉 >小吉 >吉 >末吉 >凶 >大凶

上記が一応の運勢順になっているようで、いままで凶とか大凶とか引き当てたことは無いですが、受験前に大凶を引いたらショックでしょうね・・・

 

天神様の「おみくじ」の学問欄には、「入学試験 出来る 油断するな」・・・と、持ち上げながらも神頼みの油断はダメだよと、洗練された合格点のコメント、サスガです。ここまで学問欄で「入学試験」に絞ってコメント出来るのは天神様だけでしょうか? 

しかし、本業の医業・「商売」の欄は・・・「利少なし 運気一休み 物価定まらず」・・・と、これまた昨今の医療業界の衰退や崩壊や医療費抑制傾向を見事に言い当てられた天神様は凄いと思います。一応、今年中に倒産するとは書かれていませんでしたが、経済的には厳しい日々が続きそうです。

 

http://blog.m3.com/BackToTheStreet/20071231/2 

以前にも絵馬や「おみくじ」を境内に結び残す事を書いたことがありましたが、調べたら「自分にとって悪いのは結び残し、良いのは持ち歩け」と書かれてました。いままで持ち歩いたことばなかっただけに、運に見放された人生を僕は歩んできたのでしょうか? 昨日の中吉も2番目なので良い内容でしょうが、結んできてしまいました・・・右から5番目の場所に。「5 か 9」、僕が考案した?【合格(ゴーカク)結び】です。

 

さて、この太宰府・・・日本史で習いますが、天神様の菅原道真公の時代よりも相当古く、近くの観世音寺天智天皇斉明天皇を弔うために661年に開基され、746年に完成したようです。そこに現存する国宝の梵鐘は700年頃の作のようで、チョット国宝としては寂しげな佇まいで、あのビニールの様な持ち手のヒモは国宝らしくお願いしたいものです。

お隣の753年に鑑真が来日直後に薩摩から奈良へ向かう途上で日本初の戒壇を授けた戒壇院も761年に創建された様ですが、せめて太宰府天満宮に訪れる人の10%でも訪れて頂ければ、古き良き飛鳥・天平時代の九州・太宰府の面影が蘇るだろうに・・・と、天神様の「一人勝ち」状態を複雑な思いで眺めました。

 

北野天満宮太宰府天満宮・・・この天神様さまですが、皆さんはどちらの天神様の雰囲気がお好きでしょうか?

北野天満宮の参道はスゴイ出店にせいで歩きにくいですね。本家京都にあって、古めかしさを感じる「霊的」な有難味は確かに感じます。

でも、周囲の雰囲気とか歴史的背景とか、自然環境とか様々に総合しますと、僕は太宰府天満宮の方が僕自身の感性に合うように思います。もちろん、優劣を語るようなことではありませんから天神様さま、ご寛容に・・・・

 

ちなみに、愛する美しい妻は「おみくじ」はひかない主義みたいです。彼女は「結婚は当たった・・」と思っているのでしょうか? 聞くのは怖いので聞いてません。「ハズレよ、あなた・・」と言われても困りますしね。

 

まあ、「おみくじ」はおみくじ・・・ 今年も良き一年になりますように・・・ 

天神様さま と 天照大神さま くれぐれもよろしくお願いします・・・