Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

最終ラン

土曜日曜とまだまだ寒いながらも、これ以上ないというくらいの快晴に恵まれました。

となると最近は速攻サイクリングなのですが、今日は相当妻に嫌がられました。「どうしてそんなにサイクリングに行かなきゃいけないの?????」 とお怒りです。

・・・といわれても、この天気だと行かない訳にはいかないでしょう? なに? 理由になってない? まあイイじゃないですか? タダなんだし・・・ 0円です、0円・・・ 健康的だし、エコだし、ストイックだし・・・

まずは、土曜日ですが・・・

ごご2時の診療終了と同時に一目散で「1979年青春想いで号」に乗り込みます。まずは、標高297mの峠です。楽勝でした。でも峠で尿意を催しました。普段はサイクリング中にオシッコすることはほとんどないですが、何故でしょう? 寒かったからでしょうか? 峠には脇道があるので、僕は脇道に入って立ち小便してしまいました。ところが・・・ その時に限って何故か軽トラックが続けて2台も取り込み中の僕の横を通り抜けて行きました。見られてしまいました、寒さで縮んだナニを・・・

気を取り直して初めての峠に向かいます。一旦50mまで降りて、次の422mの峠に挑戦しました。流石に連続の峠越えは楽勝とは行きませんが、なんとかノンストップでクリアしました。ここは2車線の立派な道ですが、僕は1車線でヘアピンカーブの多い鄙びた峠越えが好きですね。要するに昔の峠道ですね、今の自動車用に造られた道じゃなくって・・・

 

で、日曜日は良く行く自転車屋さんのクラブライドです。3月に店舗を統合拡張するのでココは来週無くなるので、一応は「最終ラン」と云うことになります。だからという訳じゃないですが、今回は約40名の参加者で、315mの峠を含み海岸と峠を組み合わせて走りました。走力によってクラス分けがありますが、今回は僕の足に凄くピッタリで、今までで最高に快走出来ました。巡航速度は平均30kmほどで、峠も他の若い方々にそれほど遅れることなくクリア出来ました。クロモリ自転車での参加者は今日も40名中ただ1名で、53歳クロモリ・・・にしては立派だったと思います。

しかしながら、これだけ手の込んだ個人用ロードバイクが並ぶと壮観ですね。どれもカッコイイですが、逆に「絶対コレが欲しい」という決め手に欠けますね。ヤッパリ僕は左端のクロモリ愛車(2012 DeRosa)の方が魅力的に思えてカーボンには乗り換えできないですね。他の参加者は全員がカーボン製自転車でしたが・・・

こうサイクリングにハマる週末ですが、次週末は5500円のエントリー料を既に支払ってのサイクリングイベント予定でしたが、妻の怒りが怖い恐妻家なのでドタキャンになりそうです。お金は戻らないようですが・・・

読んでくれてどうもありがとう