Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

マラソン と ブルべ

昨日、僕らがサイクリングをしてる時に東京マラソンが盛大に開催されていた様だ。僕自身はマラソンに興味はないのでどうでもいいが、世間的にアマチュアの世界では自転車に比べマラソンが公道閉鎖やマスコミの扱いなどの点で明らかに優遇されているようで少々嫉妬したくもなる。

市民マラソンだと4時間とか5時間とかかけて42.195kmを走るらしいが、そんなにユックリ走って何が面白いのかな?と刺激的な言葉を吐き出すと世界中からお叱りのコメントをいただくのだろうか?

たとえば、先週末は僕は自転車で130kmを5時間ほどで走ったのだが、同じ時間を走っても景色がマラソンの3倍の速さで流れるので非常に心地好い。

たとえば、数日前は僕は自転車で50kmを走ったのだが、標高差700mを登って降りたので同じ距離を走っても速度も55km/hだったり8km/hだったりとメリハリが効いて非常に心地好い。

しかしながら、今はサイクリングも流行りとはいえ、マラソン人気とは雲泥の差の様で少々嫉妬してしまうのだ。

先の記事「最終ラン」の先導の方はブルべ愛好家だと笑顔で話されていた。ブルべ・・・とは聞き慣れない言葉だと思うが、サイクリングの世界で今秘かな人気の「長距離サイクリング」を意味するフランス語だ。いわば、自転車の世界における「ウルトラマラソン」のことである。

僕が若いころに10日間で1500km以上を走っていたことは書いたが、このブルべ・・・、強烈なのは数日で1500kmを走り抜ける競技まであるらしい。その名も「Heaven Week」なんだとか・・・

f:id:murasawatakehiko:20150211212035j:plain

 

実に不眠?不休で1500km走破・・・恐ろしい惨状になるらしい。仮眠程度で最期は疲れ果てて田んぼに突っ込んでいく人も少なくないとか。手の皮はハレ、ケツの皮もむけ、ナニがたのしいの?という位に楽しいらしい・・・ ビックリ。

f:id:murasawatakehiko:20150211212047j:plain

普通は、200km  300km  400km  600km と云うのがレース距離らしいが、休憩や坂道を含めた制限時間が平均時速15km/hで計算されているらしく、400km  600km あたりになると根性の世界らしく40時間ほど夜通し不眠不休で走破するらしい。馬鹿みたいに楽しいらしいが、残念ながら53歳の開業医が真似出来る競技ではない。

たとえば下は600kmブルべのコース図だが、自動車で走るのもシンドイのに結構な坂も何個も越えるのに・・・不眠不休で自転車で走破するとはビックリだ。テレビ(マスコミ)には登場しないが・・・

f:id:murasawatakehiko:20150211212058p:plain

しかし、自転車の世界はランニングの世界よりも変化とスピードに飛んで面白いのではないかと思うし、若い人と中高年の差や体格の差が出にくいスポーツだと思う。道具である自転車にお金を注げば10歳程度の年齢的ハンデは克服できるかとも思う。

僕自身は今さらブルべに挑戦は出来ないし、足腰を痛めそうなフルマラソンにも挑戦しない。でも、あと10年位はサイクリングを趣味として若い人に交じってガンガン走り抜けたいと願っている。

ホントは、海外の様々な魅惑のルートをサイクリングしながら辿ってみたいのだが、あと10年間に僕にそのご褒美は回ってこないだろうと諦めながら毎日医師としての仕事をしている。