Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

携帯が鳴って女性の声が・・・

ワンコとお散歩してると携帯電話が鳴った・・・『あのォ Mさんの携帯でしょうか?』

「そうですが・・・」と僕。誰? いったい誰なんだ? オイオイ若い女性の声ダゼ? マジかよ? 患者さんじゃないよなぁ?

『あのォ 私、@@@スポーツジムの**ですゥ  最近ご来館が無いようなのでお電話さし上げましたァ  お仕事がお忙しいでしょうか? 季節も良くなってきましたのでどうぞ又ご来館下さい。毎月の会費も自動引き落としになっていますのでモッタイナイですから  是非また・・』と、ジムのフロント嬢からだった。

最近、奥様や娘たちから「もう止めたら? お金モッタイナイから」と言われ、「そうなんだけど、これほどスッキリ痩せさせてくれたお礼の意味を込めてジムにはもうしばらく会費を払っても良いかなと思ってるんだ。」と答えていたばかりだったのが脳裏をよぎった。

そのこともあって、「忙しくて実は止めようかなぁって悩んでるんですゥ」と答え電話の会話を終えたのだった。ホントにその瞬間までジムを止めようかなぁと思っていたが、あまりのタイミングの良さに気が変ってしまった。

行こう・・・いまから久しぶりに行こう・・・そして最初の6月9日にチェックした体組成測定と体力測定と、トレーニングメニューの見直しをお願いしてみようと決めて12月22日以来となるスポーツジムに向かったのだった。

ジムのフロントには先程電話をくれた女性スタッフがいた。駐車場のモニターカメラで僕の自動車に気付いたらしく、僕の顔を見ても驚いた様子はなくニコリとされた。

「電話もらったので来ましたよ・・・」と云いながら、既にジムのシステムも忘れ出していた自分に驚いた。若年性の認知症なんじゃなかろうか?

最初に体重測定をしてみると、12月22日から80日ほどで更に1.8kgほど体重が減っていた。ジムに入会した最大の理由は減量・メタボ退治だったので充分に目的は達成していたわけである。毎月の会費など感謝の気持ちでお安いものだ。

まずは「ボデイープランナー」と云う名の体組成計に乗って6月9日以来9カ月ぶりにチェック。実はこれに刺激され当診療所でも7月に体組成計を患者用に購入して患者サービスに利用しているが少しだけ計測可能内容が異なる様だ。どっちがより正確なのかは不詳だ。

恥ずかしながら本邦初のM医師の生々しいデータをご覧に入れたい。左が今回で、右のカッコ内が昨年6月のデータである。

BMI 22.3 (27.8)        体脂肪量 7.2kg (22.5kg)

内蔵脂肪指数 55 (140)    筋肉量  23.4kg (23.4kg)

体脂肪率 11.4% (28.6%)   ウエスト 78cm (94cm)

などが主な指標だが、筋肉量が落ちずに筋力レベルは標準から相当レベルに増えたことも嬉しいことだった。ただ、腕など上半身の筋力は全く増えず、下半身の筋力量が増えていた様だ。同じ下半身でもアレの方は使用しないので皮肉にも萎縮傾向の様子だが・・・一応、厳重な秘密情報である。

診療所にある道具と自転車でジムの代わりは充分ではあるのだが、せっかく誘ってくれたのでまた通うことにしよう。

次は6月9日の満1周年に再びチェックしてみようかと思う。