Welcome To The Heartland

Back To The Street ふろむ診療所

久々に楽しく勉強出来た

今宵も佐野さんの新しいアルバム【Zooey】をガンガン鳴らしながら少し離れた街に講演会を聴きに出かけた・・・

そんな糖尿病の話は近ごろ少々食傷気味で、おまけに専門家各自がてんでバラバラな処方に関する主張を展開されるので、「いい加減に統一意見を離してくれんかいな、オイ?」と、非専門医としては内心バカにもしている専門領域でもある。

ではなぜそのような講演会にワザワザ出かけたかと云うと・・・

1)誘ってくれたMRさんがモデル級の美女で、お誘いのメールの文面も男心をくすぐるスグレモノだったということ・・・

2)座長の女医さんが昔から可愛くて久しぶりに細くなった僕の姿を見せてお話ししたくて・・・

3)運動と肥満と代謝改善の話が今の僕の興味のストライクゾーンであったこと・・・

4)佐野さんのCDを車内で遠慮なく大音量で身体全体で空気の振動をうけとめる時間がとれるから・・・

まあ、久しぶりに楽しく勉強出来た講演会だった。珍しいほどメモを沢山書きとめ、日頃の自転車運動愛好家としては疑問を半分ほど解消することが出来た。講師の方は若くて才能に恵まれTV映りまで良さそうな医師だったが、懇親会の席でも更に疑問を解きほぐして頂いた。恐らく、明日からのサイクリング・・・、イヤイヤ、診療に役立つものになりそうな「フルーツフルなテイク・ホーム・メッセージ」となったと思う。

 

当初は女医さんオンリーの会だったらしいが、男性にも門戸を開き、結果的に何を求めて集まったのか男性がやや多そうだった。僕以外は不純な気持ち・下心があったのではないかと邪心する・・・

サイクリスト仲間に時々みかける「ハンガーノック状態」と云うのが実は医学用語ではないらしい・・・ということに実は初めて気がつき軽くショックを覚えた。その予防には小まめなエネルギー補充と軽い肥満が最適と云うのはやや皮肉な気がしなくもない・・・

それにしても学生時代から知る座長の女医さんは今もなお魅力的だったなァ

読んでくれてどうもありがとう